2022年4月からの「105分授業とクォーター制」導入について 在学生の方

入学、卒業等は従来の春学期、秋学期2学期制を維持しつつ、春学期をS1・S2、秋学期をF1・F2に区分したクォーター制を導入し、従来の15週で15回の授業から7週13回で1回の授業を105分で実施します。クォーター制は、短期間で集中して学ぶことで学習効果を高め、クォーター毎の成績評価により、きめ細かなフィードバックが受けられます。また、海外留学、研修、インターンシップ、ボランティア活動、課外活動などの学外学習による多様な学びと交流の機会が広がります。なお、「105分授業とクォーター制」の導入後も、卒業要件に変更はありません。

詳細は以下のPDFをご確認ください。