本文へスキップ

城西国際大学水田美術館は千葉県東金市にある大学付属の美術館です。

EN

JP

お問い合わせはTEL.0475-53-2562

〒283-8555 千葉県東金市求名1番地

 

アクセスaccess

過去の展覧会

2001年度

JIU開学10周年記念 漢代画像石拓本展―刻された神仙の物語―
会期:2001年7月9日[月]〜28日[土]
入館無料

今から約2000年前、中国の後漢(25〜220年)の時代に、地方の有力豪族によって、石造の墳墓を造営することが流行しました。死者があの世に逝ってからも、生きている時と同じ生活ができるよう、地上の建築を地下に持ちこんだような、豪華で広い空間をもつ地下石室(墓)が造られたのです。画像石とは、そうした石造の墓の壁面・門扉に絵を線刻したものです。石に描かれた(刻まれた)絵は、いわばお墓の装飾であり、墓室内の空間をデザインしていました。有名な秦の始皇帝陵兵馬俑坑が、現実世界そのものを再現した巨大墳墓であるのに対して、漢代の画像石墓には、墓主の現実生活のみならず、神仙・瑞獣・故事人物など虚構の世界が描かれ、パラダイスのような来世が表現されています。
一般に画像石墓は、山東省に多く出土しており、山東省嘉祥県の武氏祠(朱拓)は古来より有名です。近年、山東省、江蘇省徐州、安徽などでも発掘成果が報告されつつあります。徐州地区は古くから交通と経済の要衝として栄えており、豪族や地方官僚などが多数の画像石墓を遺しました。今回は、日本ではあまり知られていない、徐州周辺の画像石の図像を紹介します。