本文へスキップ

城西国際大学水田美術館は千葉県東金市にある大学付属の美術館です。

EN

JP

お問い合わせはTEL.0475-53-2562

〒283-8555 千葉県東金市求名1番地

 

アクセスaccess

過去の展覧会

2002年度

江戸の貞女・賢女・女傑 仁科又亮氏寄贈「古今名婦伝」を中心に 
会期:2002年9月25日[水]〜10月19日[土]
入館無料

城西国際大学は昨年、開学10周年を迎え、水田美術館を開館しました。これを記念して、古くから水田コレクションと関わりのある仁科又亮先生(東京工芸大学教授)より、本学にゆかりのある貴重な浮世絵版画をご寄贈いただきました。このたびの展覧会では、それらに、仁科先生のご所蔵にかかる幕末から大正期までの作品を合わせ、三部構成で紹介いたします。

メインテーマ「古今名婦伝」
静御前、中万字の玉菊、板額女など、忠孝貞節において、また才媛、女傑などとして江戸の庶民に人気のあった女性を描いた三代歌川豊国の美人画シリーズ。二代柳亭種彦らにより様々な“逸話”が添えられています。本シリーズからは、当時求められていた「理想の女性像」や「話題の女性」などが見出せ、本学の柱でもある「女性学」の観点からも非常に興味深い史料です。

房総の風物
日本全国の特産物を紹介するシリーズ「大日本物産図会」、名所絵シリーズ「諸国名所百景」などより房総に取材した作品を集め、幕末から明治の房総を偲びます。

「能楽百番」
版元大黒屋平吉と明治大正期に活躍した能画の名手・月岡耕漁による、全100点からなる珍しいシリーズ。浮世絵といえば歌舞伎役者絵が主流の中、能楽「融」「二人静」「敦盛」などの舞台風景に取材しています。水彩画のような表情を持ち、上質な紙、絵具、金銀泥をも使用した、贅をつくした優美な作品です。

関連企画
◎ ギャラリートーク(当館学芸員による展示解説)
9月28日[土]、10月5日[土]午後2時〜