本文へスキップ

城西国際大学水田美術館は千葉県東金市にある大学付属の美術館です。

EN

JP

お問い合わせはTEL.0475-53-2562

〒283-8555 千葉県東金市求名1番地

 

アクセスaccess

過去の展覧会

2003年度

吉増剛造写真展 一滴の光 1984-2003 
会期:2003年6月3日[火]〜7月19日[土]
入館無料

現代を代表する詩人・吉増剛造は、世界を舞台に、朗読、芸術家とのパフォーマンス、写真、言葉を打刻した銅板オブジェの制作と、旺盛な創作活動を続けています。その中でも、旅先や日常生活の中で目にした風景を日記のように撮りためた写真は、土地の記憶が空気や光によって表された一篇の詩であり、詩作活動と深く結びついたものです。その密接な関係は、1970年代半ばに詩集に写真を挿入した頃より始まり、90年に初の個展を開催して一個の作品として結晶します。以降、多重露光の導入、さらにパノラマサイズの画面構成へ、そして昨今の途切れることのない重層的な造形へと展開しました。そこには、石狩や故郷の福生、沖縄の島々、アリゾナ、ブラジル、パリなどの風景が時空を越えて重なり、新たなイメージとなって映しだされています。そして一貫して現れるのは、自ら「光を持って歩きたい」というように、窓からの光、木漏れ日、ネオンサイン、銅板の反射などの様々な光の粒です。
今回の展覧会では、個展で初めて発表された時代から現在までの20年間の作品を、原稿や銅板オブジェとともに展示します。独特の書体で言葉が添えられ、詩と書と写真が一体化したオブジェのような作品は、吉増剛造の、ジャンルを越境した活動を象徴しているといえるでしょう。

関連企画
◎ 講演会「一瞬の楽園(パラダイス)」をめぐって―ジョナス・メカスを中心に―
6月19日[木]午後1時20分〜4時30分
吉増剛造氏(詩人・本学客員教授)
第I部 講演会 午後1時20分〜-2時50分
第II部 ジョナス・メカス監督作品「リトアニアへの旅の追憶」(16mmフィルム)上映 午後3時〜4時30分
図書館3階プレゼンテーションホールにて *参加無料/要予約