本文へスキップ

城西国際大学水田美術館は千葉県東金市にある大学付属の美術館です。

EN

JP

お問い合わせはTEL.0475-53-2562

〒283-8555 千葉県東金市求名1番地

 

アクセスaccess

過去の展覧会

2003年度

房総の素封家と近代日本画壇―大観・紫紅とその周辺― 
会期:2003年9月24日[水]〜10月25日[土]
入館無料

明治大正期は、新しい「日本画」の創造をめざした熱い時代でした。近代日本美術界の指導者、岡倉天心の下に、横山大観ら俊英が集い、日本美術院を開設して画壇をリードし、同時に、巽画会や无声会、紅児会など在野の研究団体が数多く結成され、画家たちの研鑽・発表の場となります。このような大小の在野団体が分裂割拠する中、明治40年、文部省美術展覧会(文展)が開設され、全国規模で新派と旧派が競う場が誕生しました。おりからの美術ジャーナリズムの興隆とともに、画家は展覧会に出品することで名をあげてゆくという、現在に続く仕組みがここに出来上がります。そうした新しい制作環境の中、画家たちは、日本ひいては東洋の古典に学び、西洋画を意識しつつ、それぞれが追求した「日本画」を描き、日本絵画史上の傑作を生み出したのです。
そんな明治末から大正期に、房総のある呉服商によって収集されたのが、今回のコレクションです。当時新進の画家たちへ揮毫依頼の手紙を出し、東京に出た時は展覧会に行き、ある時は画家たちの家を訪ね、彼らの得意とする画題の掛軸を描いてもらっては、家の床の間に飾っていたのです。
このたびの展覧会では、その秘蔵コレクション21点を一堂に展示します。これらは全て初公開作品で、大観、紫紅の他、近年注目されている渡辺省亭の作品が2点も含まれることは、美術史研究においても大きな喜びです。房総の素封家の手によってもたらされた、近代日本画の精華をご堪能ください。

関連企画
◎ 講演会「秘蔵コレクションにみる近代日本画―大観・紫紅・百穂の名作とともに―」
10月4日[土]午後1時20分〜2時50分
川口直宜氏(泉屋博古館分館学芸課長)
図書館3階プレゼンテーションホールにて *聴講無料/要予約

◎ ギャラリートーク(当館学芸員による展示解説)
9月27日[土]、10月18日[土]午後2時〜

>>展覧会図録