本文へスキップ

城西国際大学水田美術館は千葉県東金市にある大学付属の美術館です。

EN

JP

お問い合わせはTEL.0475-53-2562

〒283-8555 千葉県東金市求名1番地

 

アクセスaccess

過去の展覧会

2005年度

東金ゆかりの美術 
会期:前期 八鶴湖と近世の書画 2005年5月26日[木]〜6月18日[土]
   後期 近代の南画家・茂卿と萱原黄丘 2005年6月23日[木]〜7月16日[土]
入館無料

東金は、徳川家康の鷹狩の際に造られた御成街道により、江戸時代を通して交通の要衝として栄えました。町は農水産物の集積地として経済的発展をとげ、大商人がパトロンとなって豊かな文化的土壌が育まれました。江戸の大名家旧蔵といわれる狩野派の屏風が、東金の商家に伝来した例などは、中央との往来・文化交流の様相を物語っています。 また幕末の文人・梁川星巌(やながわせいがん)や遠山雲如が、今日でも桜の名所として知られる八鶴湖を訪ね、中国の西湖になぞらえて詩を詠んだことを一つの契機として、文人墨客がこの地を訪れるようになりました。その痕跡は、湖畔の旅館・八鶴館や商家の大店に今なお残されています。
この度の展覧会では、これらの、東金の文化遺産というべき書画を、初めて公開します。前期では、東金御殿伝来とされる杉戸絵や、網元画家・斎藤巻石(けんせき)の作品などを展示します。また八鶴館に滞在し、星巌の漢詩を書した近代日本画家・松林桂月、「八鶴亭記」を書いた文人安川柳渓などの八鶴湖ゆかりの作品を紹介します。後期には、東金に多くの後援者を持った画家のうち、東金御殿山周辺の風景を描いた茂卿と、関東大震災を描いた絵巻で知られる萱原黄丘(白洞)を取り上げます。
この展覧会が、東金の文化継承、および今後の研究の一助となれば幸いです。

関連企画
◎ 講演会「近世後期の東金周辺と文人たち」
6月18日[土]午後1時30分〜3時
加藤時男氏(千葉県文書館古文書調査員)
図書館3階プレゼンテーションホールにて *聴講無料/要予約

◎ ギャラリートーク(当館学芸員による展示解説)
6月11日[土]、7月2日[土]午後2時〜