本文へスキップ

城西国際大学水田美術館は千葉県東金市にある大学付属の美術館です。

EN

JP

お問い合わせはTEL.0475-53-2562

〒283-8555 千葉県東金市求名1番地

 

アクセスaccess

過去の展覧会

2005年度

近代の能画家 月岡耕漁展 
会期:2005年9月22日[木]〜10月22日[土]
入館無料

月岡耕漁(こうぎょ、1869〜1927)は、能舞台を描くことを専門とした本邦初の能画家です。耕漁は、浮世絵師月岡芳年、日本画壇の人気作家、尾形月耕や松本楓湖に師事し、江戸時代以来の版元が中心となった木版画制作や、『風俗画報』などの挿絵を手がける一方で、画壇に属し、国内外の博覧会や展覧会に出品しました。
明治期、木版に代わる新しい印刷技術が興り、浮世絵の版元が姿を消していく中で、生き残りをはかる大黒屋松木平吉より出版された耕漁の能画シリーズは、100図または260図余りの大部なものでした。これは、歌舞伎役者絵ではなく能舞台に取材している点、水彩画のような表現、良質な和紙に金泥・雲母(きら)を多用した贅をつくした仕上がりである点で、異色の作品です。富裕層が新しい後援者となり、能楽復興が興った時代を背景に、木版技術の粋を尽くし、江戸趣味を脱した、時代に相応しい表現を目指した作品群といえるでしょう。しかし、同時代の創作版画や浮世絵の復刻、口絵については語られるものの、この種の木版画については、これまであまり注目されてきませんでした。
このたびの展覧会は、版元大黒屋から出された木版画シリーズ《能楽図絵》《能楽百番》を中心に、展覧会出品作の肉筆画も展示し、耕漁の画業を初めて紹介するものです。同じ謡曲に取材した作品を集め、または肉筆画や娘の能画家、月岡玉瀞(ぎょくせい)の作品と比較展示し、表現の工夫や特色をご覧いただきます。「能画」というジャンルと、高度な木版表現をお楽しみいただきながら、明治大正という新しい時代の一端を感じていただければ幸いです。

関連企画
◎ 講演会「近代の能楽復興と池内信嘉」
10月15日[土]午後1時30分〜3時
西野春雄氏(法政大学教授)
図書館3階プレゼンテーションホールにて *聴講無料/要予約

◎ ギャラリートーク(当館学芸員による展示解説)
10月1日[土]、8日[土]午後2時〜

>>展覧会図録