本文へスキップ

城西国際大学水田美術館は千葉県東金市にある大学付属の美術館です。

EN

JP

お問い合わせはTEL.0475-53-2562

〒283-8555 千葉県東金市求名1番地

 

アクセスaccess

過去の展覧会

2009年度

浮世絵に見る子どもの情景 
公文浮世絵コレクション・水田コレクションより
会期:2009年4月7日[火]〜4月25日[土]
入館料:一般300円、高校生以下無料
特別協力:公文教育研究会
協力:和洋女子大学文化資料館

幕末に来日した外国人が「子ども天国」と驚嘆したほど、江戸時代「子は宝」だと大切にされていました。浮世絵といえば役者絵や美人画がまず連想されますが、美人画の中にも、お母さんが赤ちゃんを「だっこ」したり「おんぶ」したりする、母子を主題とした作品が多数みられます。また、子どもたちが水遊びや雪遊び、凧揚げや羽根つきなど年中行事や季節の遊びに熱中する様子を描いた、子どものみが登場する作品も知られています。こうした子どもの姿が描かれた浮世絵は、風俗史料としても価値が高く、歴史学や民俗学、社会学など多分野から注目されるジャンルです。
このたびの展覧会では、福祉総合学部子ども福祉コースをもつ大学の美術館として、公文浮世絵コレクションと水田コレクションより、子どもが描かれた浮世絵を母子絵を中心に、成長に沿って4つのテーマでご覧いただきます。「母子の日常」では、授乳、排泄、行水など生活の中の親子のスキンシップを、「学び」では、お稽古、お手伝いの様子をご紹介します。「儀礼と祈り」では、お宮参りや初節供など子どもの成長を祈る儀礼、そして疱瘡絵など病気から子どもを守るという祈りが込められた作品、「五節供と四季の遊び」では、雛祭りや端午の節供のほか、今では忘れられた行事や遊び、玩具などが描かれた作品を選びました。こうした浮世絵を鑑賞することを通して、江戸時代の人々の子どもたちへの暖かな眼差しを感じていただき、また、現代社会における子どものありかたを考えるヒントとなれば幸いです。

関連企画
◎ 講演会「少子化社会における子ども観」
4月24日[金]午後1時20分〜2時50分
加藤朋江氏(本学福祉総合学部助教)
会場については当日美術館受付にお問い合わせください。 *聴講無料/要予約

◎ ギャラリートーク(当館学芸員による展示解説)
4月11日[土]午後2時〜

     



チラシ制作
メディア学部メディア情報学科3年 梅崎幸