本文へスキップ

城西国際大学水田美術館は千葉県東金市にある大学付属の美術館です。

EN

JP

お問い合わせはTEL.0475-53-2562

〒283-8555 千葉県東金市求名1番地

 

アクセスaccess

過去の展覧会

2013年度

水田コレクション展 浮世絵の判型
会期:2013年5月7日[火]〜25日[土]
入館料:一般300円、高校生以下無料

現在でも用紙にはA4、B5などの規格サイズがあり、用途によって使い分けられているように、浮世絵版画も様々な判型の用紙に摺られました。初期浮世絵では用紙も判型もまちまちでしたが、明和期(1764〜72)に錦絵が誕生して量産されるようになると、重ね摺りにも耐えられる奉書紙が一般的となり、判型も定まります。最も多く摺られたのは大奉書を半分に裁った大判で、中判、細判といった小さな判型も、比較的安く購入できると喜ばれました。柱絵判や長大判など縦長の変型判は、しばしば掛軸装にされ、肉筆画に手の届かない庶民が壁掛けの絵として楽しんだといわれています。また錦絵を縦、あるいは横に複数つなげた「続物」が登場し、大画面によるダイナミックな構図が可能となりました。続物の出現は、表現の幅を広げただけでなく、一度に2枚、3枚とセットで購入されることによる、売り上げ倍増を狙った版元の戦略であったことも見逃せません。
この度の展覧会では、バリエーション豊かな判型と続物の作品を紹介し、小特集として、歌川広重が描いた房総の名所を、大判と中判とで比較しながらご覧いただきます。判型を切り口に、浮世絵版画の創意工夫をお楽しみください。

関連企画
◎ 講演会「広重描く富士山―《不二三十六景》を中心に―」
5月18日[土]午後1時30分〜3時
折井貴恵氏(川越市立美術館学芸員)
図書館3Fプレゼンテーションホールにて *聴講無料/要予約

◎ ギャラリートーク(当館学芸員による展示解説)
5月11日[土]、25日[土]午後1時30分〜

     



チラシ制作
メディア学部メディア情報学科3年 鈴木亜莉寿