本文へスキップ

城西国際大学水田美術館は千葉県東金市にある大学付属の美術館です。

EN

JP

お問い合わせはTEL.0475-53-2562

〒283-8555 千葉県東金市求名1番地

 

アクセスaccess

過去の展覧会

2013年度

明治の子どもたち 版画にみる遊びと教育
会期:2013年11月12日[火]〜12月7日[土]+大学祭11月3日[日]〜5日[火]
入館料:一般300円、高校生以下無料

欧米を手本に近代国家づくりが進められた明治時代、子どもの暮らしにも大きな変化がありました。明治5年(1872)の学制発布によって、全国に小学校が開設されます。洋風建築の校舎、寺や民家を利用した教室で、子どもたちは欧米の教授法にもとづく授業を受け、校庭では体操や遊戯で体を動かしました。男の子は修学によって立身出世を目指し、女の子は良妻賢母となるべく礼法をしつけられ、成長していきました。
一方、子どもの本分といえる遊びは、江戸から続く竹馬、羽根つき、お手玉などに加え、日清戦争以降は兵隊ごっこが流行り、世相が反映されていたことがうかがわれます。
また、はじめ上流階級の子どもの晴れ着や外出着に限られていた洋服は、30年(1897)頃より庶民の間にも普及します。髪型は、男の子は五分刈り、女の子は結髪のほか、大人の流行にならってリボンを結び、お下げやマーガレットといった洋風スタイルも好まれました。
このたびの展覧会では、楊洲周延(ちかのぶ)や宮川春汀(しゅんてい)、山本昇雲(しょううん)らの作品から、明治時代の子どもの教育、さまざまな遊び、風俗を紹介します。あわせて、小学校で使われた視覚教材の掛図や、双六(すごろく)や姉様人形といったおもちゃ絵も展示します。明治時代の子ども絵を通して、江戸から続く風俗や維新後の新しい文化をご覧ください。

関連企画
◎ 講演会「明治の幼稚園―掛図・教具からみた図画教育―」
12月6日[金]午後1時20分〜2時50分
牧野由理氏(城西国際大学福祉総合学部准教授)
図書館3Fプレゼンテーションホールにて *聴講無料/要予約

◎ ギャラリートーク(当館学芸員による展示解説)
11月16日[土]、30日[土]午後1時30分〜

     



チラシ制作
メディア学部メディア情報学科3年 柘植はる香