検索
メニュー
メニュー

在留資格更新

  • 国内就職希望の留学生の方

日本で就職するために大切なポイント

1.ビザ(在留資格)について理解すること

留学生の就職活動期間・卒業後の進路・ビザの種類について

3月に卒業する人

※クリックで拡大

4年生の春学期までに、卒業後の進路の方向性を決めて就職活動を行わないと間に合わない場合があります。

8月に卒業する人

※クリックで拡大

2.ビザが取得できる仕事をさがすこと

ビザがないと日本には滞在できないことはわかりますね。それは、ビザが取得できる仕事をさがさないと、日本では働けないということです。外国人が日本で働くためのビザはたくさん種類があります。でも、大学を卒業した外国人が取得する主なビザは2つです。

  1. N1またはBJT480点以上 → 特定活動ビザ(本邦大学卒業者)。幅広い仕事で取得できます(サービス業、製造業、介護などを含む)。
  2. 1.以外(もちろんN1の人も取得できます) → 技術・人文知識・国際業務。あなたしか持っていない技術・知識・言語・文化を使ってする仕事(エンジニア、通訳、母国語を使う営業などを含む)。

アドバイス

  • JIUの留学生は文系。つまり、国際業務で働くことを考えましょう。
  • 母国で理系大学・技術系の仕事をしたことがある人は、技術系の仕事もOK。
  • 無駄な就職活動に時間を使わないで!
  • 日本人用のアルバイト仕事、国際性が全くない仕事、大学の勉強と全く関係がない仕事にapplyしても内定はでません。ビザも取得できません。
  • 留学生のための就職Website、留学生対象就職説明会で仕事をさがしましょう。あなたが能力を発揮でき、ビザが取得できる仕事を見つけることができます。

3.プロと一緒に履歴書作成、面接練習をすること

日本企業に出す履歴書・面接で聞かれることは、あなたの国と違います。日本での就職活動で企業に採用されるためには、自己分析や業界・企業研究が必要です。そのほか、正しい日本語で書くことや、面接のマナー、よく聞かれる質問に答える練習もとても重要です。ぜひ、プロがいる大学の就職センター留学生対象就職エージェントのサポートを受けましょう。どちらもお金はかかりません。

4.悪い会社にだまされないこと あなたが誠実であること

悪い会社にだまされない

日本で就職活動するのは難しいと考え、同国人が日本で経営している会社に入ろうとする留学生が多くいます。そのときこんなことを言われたらすべて違法ですので、気を付けましょう。

  • 特定活動ビザ(就職活動)を取ってください。試用期間として働いてもらいます。
  • その期間はお給料は出ません。
  • 働くためのビザを取ってあげますから20万円払いなさい

→すべて違法です。

誠実であること

もしあなたがこんな人だったら、ビザの推薦状はでません。絶対にやめましょう。

  • 就職活動をしたことを証明する書類として「企業から来たメール」を偽造する。
  • 卒業式の後にかくれてバイトをしている。
  • 就職活動をしていない。

→特定活動ビザ(就職活動)の推薦状は出せません。