検索
メニュー
メニュー
経営情報学研究科
  • 大学院

概要・教育理念

大学院経営情報学研究科起業マネジメント専攻には、修士課程と博士後期課程が設置されています。修士課程起業マネジメント専攻は、起業マネジメントという領域について国際社会に生きる高度の専門性を備えた職業人の育成とともに、研究者への道を開きます。博士後期課程の起業マネジメント専攻は、修士課程をさらに高度化し、新時代の経営に関する研究者の養成と高度に専門的な業務に従事する人材の養成をめざします。また、修士課程の起業マネジメント専攻では、社会人や留学生も積極的に受けいれており、すでに公認会計士、税理士の資格を持った社会人が入学し、研究活動をおこなっています。 

また、中小企業診断士試験第1次試験合格者を対象とした「中小企業診断士登録養成課程」(登録養成機関)も開設しています。本課程は東京紀尾井町キャンパスで平日夜間·土曜日に開講しており、仕事を続けながら、中小企業診断士登録と経営学修士取得をめざすことができます。

起業マネジメント専攻(博士課程)