カリキュラムの特色

  • カリキュラムの特色

福祉社会の創造と実現に指導的役割を果たす福祉人材及び教育・研究に携わる人材を養成するため、以下に掲げる方針によりカリキュラム(教育課程)を編成しています。

●基礎論(一部必修科目)
福祉社会に関する研究を遂行する前提として、福祉哲学、科学的思考の方法、文献の読み方、社会調査の方法を習得します。
●特論科目
福祉社会研究の基礎となる知識、とくに社会福祉の理論と政策、ソーシャルワーク、福祉経営に関する視点と遂行力を修得します。
●演習科目(必修科目)
福祉社会に係る研究成果として修士論文を作成します。
●特別講義科目
現在の福祉を再考し、QOLと自己実現が保障される福祉社会を研究・考察するため、最先端のトピックを取り入れた特別講義科目を設置します。

開講科目名

<基礎論>A~Cは必修科目

  • 福祉社会基礎論A(福祉社会原論) 2単位
  • 福祉社会基礎論B(福祉社会研究法) 2単位
  • 福祉社会基礎論C(社会調査論) 2単位
  • 福祉社会基礎論D(文献購読法) 2単位

<特論>

  • 社会福祉史特論 2単位
  • 障がい児支援特論 2単位
  • 家族社会学特論 2単位
  • 精神保健福祉と権利擁護特論 2単位
  • カウンセリング特論 2単位
  • 国際ソーシャルワーク特論 2単位
  • 高齢・障がい者ソーシャルワーク特論 2単位
  • ファミリーソーシャルワーク特論 2単位
  • 医療ソーシャルワーク特論 2単位
  • 福祉経営特論 2単位
  • 保育園経営特論 2単位
  • 施設経営特論 2単位
  • 病院マネジメント特論 2単位
  • <研修・インターンシップ>
  • 研修・インターンシップ 2単位

<研修・インターンシップ>

  • 研修・インターンシップ 2単位

<特別講義>

  • 現代社会と女性福祉 2単位
  • 国際高齢者福祉論 2単位
  • 地域包括支援論 2単位
  • 現代社会とユニーヴァーサルデザイン 2単位

<演習>必修

  • 福祉社会演習 6単位

単位の修得の仕方

  1. 基礎論は、3科目6単位必修。
  2. 「特論」「研修・インターンシップ」「特別講義」の中から10科目20単位を選択必修(ただし、このなかに社会福祉基礎論D(文献購読法)を含めることができる)。
  3. 演習は、入学後、最初のクォーターに定められた指導教員のものを選択すること。
  4. 計32単位以上を履修し、かつ修士論文を提出し、合格すること。

2年間の流れ

・1年次
入学時 『研究計画書』提出⇒指導教員および副指導教員2名以上を決定する。
後半 研究中間発表 研究テーマ,問題設定の妥当性,研究方法とその適格性等を審査する。

・2年次
前半 論文作成計画発表 研究計画および論文構成の妥当性,参考文献,調査・資料収集の適格性等を審査する。
後半 修士論文概要発表 研究論文としての量的・質的妥当性,データおよび資料,先行研究等の分析の適格性,論文作成の進行状況等を審査する。

  • カリキュラムの特色