検索
メニュー
メニュー

受験資格・募集要項

  • 中小企業診断士登録養成課程

本登録養成課程を出願できる者は、次の(1)または(2)に該当し、かつ(3)の各号に該当する者とする。

  1. 2018年度、2019年度または2020年度に中小企業診断士試験第一次試験に合格した者。
    注)2018年度合格者については、新型コロナウイルス拡大の影響を考慮した経済産業省の特別措置です。
  2. 2000年以前の中小企業診断士試験第1次試験に合格した者。ただし、規則に定める経過措置により、2001年度以降の中小企業診断士試験第2次試験を受験し、または2006年4月以降に養成課程もしくは登録養成課程を受講したことがない者。
  3. ①大学を卒業した者、または2021年3月卒業見込みの者。
    ②外国において、学校教育における16年の課程を修了した者、または2021年3月修了見込みの者。
    ③文部科学大臣の指定した者。
    ④大学に3年以上在学し、研究科において、所定の単位を優れた成績をもって、修得したものと認めた者。
    ⑤各研究科において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者。