2021年度観光経営人材育成講座(第16回)| The 16th Human Resource Development Course in Tourism Management 2021

  • 国際アドミニストレーション研究科

王璇 (ワンシュエン)氏を迎え、
3年間の総括となるパネルディスカッションを行なった。
Our faculty members meet Ms. Wang in a panel discussion,
​the last session of our 3-year course.
 


2021年12月18日、観光経営人材育成講座「観光新時代、テクノロジーと外国人材の活用における展望」をオンラインで開催した。

最終回は、過去3年間の講座全体の締めくくりとして、「新しい観光業の可能性と展望−外国人材およびテクノロジーの活用の視点から」をテーマとしてシンポジウムを開催し、3年間の振り返りとパネルディスカッションを実施しました。

パネルディスカッションでは、一般社団法人日中ツーリズムビジネス協会代表理事でENtrance株式会社代表取締役社長の王璇 (ワンシュエン)氏を招き、本研究科の鈴木崇弘研究科長、黒澤武邦准教授、石井伸一准教授、小松悟朗准教授らと活発な意見交換が行われました。

これまでの参加者、ご協力いただいた講師の方々、ご支援いただいた東京都、サポートいただいた皆さまにこの場をかりて感謝申し上げます。
 


最新の会議システムを用いたパネルディスカッションの様子
The state-of-the-art online conference system facilitates our discussion. 
 


On December 18, 2021, the Tourism Management Human Resource Development Course "New Era of Tourism, Prospects in the Use of Technology and Foreign Human Resources" was held online.

In the final session, as a wrap-up of the entire course for the past three years, a symposium was held on the theme of "Possibilities and Prospects for a New Tourism Industry: Perspectives in the Use of Foreign Human Resources and Technology" to review the past three years and hold a panel discussion.

Ms. Wang Xuan, President of Japan-China Tourism Business Association and President of ENtrance Co., Ltd. was invited to participate in the panel discussion and had a lively discussion with Dean Takahiro Suzuki, Prof. Takekuni Kurosawa, Prof. Shinichi Ishii and Prof. Goro Komatsu of Graduate School of International Administration.

We would like to take this opportunity to express our gratitude to all the participants, the lecturers, the Tokyo Metropolitan Government, and all the supporters who have made the course successful. 
 


日本と外国の架け橋として活躍したいと人材が
観光業界に多くいることを伝える王氏
Ms. Wang argues that there are many foreign workers
who wish to be a liason between Japan and their home countries.