国際アドミニストレーション研究科学生研究発表会を開催しました | GSIA Student Presentation Day

  • 国際アドミニストレーション研究科

 


2学期目と3学期目の大学院が修士論文の中間発表に臨んだ。
Graduate students in their second and third semesters prepared well for their Saturday presentations. 
 



11月26日(土)、本研究科院生による修士論文研究発表会(修士論文計画・研究中間発表)が開催されました。

当日の発表会には35名(2学期目と3学期目の院生)が研究成果を日本語や英語で発表しました。皆、非常に緊張しつつも、これまでに研究した成果を堂々と発表修士論文完成に向けて頑張ろうと、心新たにしました。

他にも、約30名の院生が発表会に参加し、他の研究を自分たちの今後の研究に生かそうと、熱心に耳を傾けました。朝から夕方近くまでのマラソン発表会にも関わらず、院生や教職員の方々の臨機応変な対応のお陰で、円滑に会を進行することができました。

皆さんの今後の研究のさらなる進捗を聞くのを楽しみにしています。


Student Presentation Day is the GSIA’s main event, where all the students make an oral presentation to report the progress of their master’s theses. It intends to provide students with a venue to demonstrate their research progresses and exchange ideas with peers and the faculty. 

The presentations were very impressive. On November 26th, 35 students in their second and third semesters made their presentations, receiving comments and questions from the audience. 

Another 30 students or more also participated in the event, listening attentively to their peers’ presentations. Our presentation sessions went smoothly and enthusiastically, and we owe our success to our students’ and faculty’s efforts and cooperation. 

We wish the students best and look forward to hearing their progress next time.