東京紀尾井町キャンパス新2号棟に「地域コミュニティースペース」 地元町会との協力で地域貢献の拠点に

お知らせ

2022.02.10

「地域コミュニティースペース」が設けられる新2号棟(左)。右奥は3号棟

「地域コミュニティースペース」が設けられる新2号棟(左)。右奥は3号棟

竣工間近の本学東京紀尾井町キャンパス新2号棟に、「地域コミュニティースペース」としての機能を加えることになりました。同キャンパス2~5号棟が位置する東京都千代田区平河町2丁目の地縁団体「平河町二丁目会」(篠田晴久会長)との協議により決まったもので、1月18日、「地域貢献活動に関する協力協定」を同会と結びました。

「地域コミュニティースペース」は、新2号棟5階の2501教室を拠点とし、4月から運用を開始します。原則として年間12回、土曜日にこの教室を同会に無償で貸し出し、地域活性化につながる取り組みに活用していただきます。

同会と本学の交流は、江戸三大祭りの一つとしても名高い「山王祭」をきっかけに始まりました。平河町に近接する日枝神社で隔年6月に開かれるこの祭りを盛り上げようと、本学の学生も2014年から同会の御輿を担がせていただいたり、休憩所の運営に参加したりしてきました。「地域コミュニティースペース」を軸に交流をさらに深め、東京都心ならではの街の魅力を学内外に発信していきます。