硬式野球部OBの佐藤槙平選手が「野球伝来150年プロアマ記念試合」の選抜メンバーに

卒業生

2022.07.25

「第93回都市対抗野球大会北海道地区2次予選」の対日本製鉄室蘭シャークス戦(6月4日)で、バッターボックスに立つ佐藤槙平選手

同じく対JR北海道戦(6月5日)で、声援に応える佐藤選手=いずれも北海道ガス提供

本学硬式野球部で活躍し、今年3月に卒業した佐藤槙平選手(経営情報学部総合経営学科)が、野球伝来・150年プロアマ記念試合「U-23 NPB選抜 対 大学・社会人選抜」(日本野球機構、日本野球協会主催)の大学社会人代表に外野手として選出されました。佐藤選手は現在、北海道ガス株式会社(札幌市東区)の硬式野球部に所属し、社会人野球のルーキーとして力を発揮しています。8月1日に明治神宮野球場(東京都新宿区)で開かれるこの大会でも、活躍が期待されます。

 

アメリカから来日した教師によって日本に野球が伝えられて150周年となるのを記念して企画されたこの一戦は、プロ野球選抜も1999~2004年に生まれた選手と新人選手でチームを編成され、日本の野球の未来を担う若手同士の対決として注目を集めています。

 

佐藤選手は本学硬式野球部所属時の2019年に、「第68回全日本大学野球選手権」(全日本大学野球連盟主催)でのベスト8入り、「第50回記念 明治神宮野球大会 大学の部」(日本学生野球協会主催)でのベスト4に、攻守で大きく貢献しました。また、北海道ガスでも、東京ドーム(東京都文京区)で7月29日まで熱戦を繰り広げている「第93回都市対抗野球大会」(毎日新聞社、日本野球連盟主催)に北海道代表として出場しており、代表を決める道内予選でも、本塁打含め毎試合安打を記録するなど好成績を残しました。

 

神宮での一戦を前に、佐藤選手は「メンバーに選ばれてびっくりしたというのが率直な感想で、まだ実感できていません。プロを相手に力を試す良い機会だと思いますので、試合に出させていただく機会があれば、実力を十分発揮するとともに、ほかの選手たちから学び、しっかり吸収したいです。北海道ガスという名前を全国に知ってもらうためにも積極的にプレーして、活躍したいと思います」と意気込みを語っています。