関東地区の健康食品管理士(食の安全管理士)を対象に教員が健康維持・増進のポイントを解説

  • 教員活動
 
 

6月19日(日)、健康食品管理士(食の安全管理士)の有資格者約50名を対象としたオンライン形式の関東支部研修会で臨床栄養学研究室 太田教授が講演を行いました。

「健康寿命延伸に資する要因と機能性表示食品の役割を考える」という演題で、健康の維持・増進のポイントを解説しました。

健康食品管理士は厚生労働省も活用を推奨している人材で、その認定養成校である薬学部では所定の科目を履修することで在学中の5年次に挑戦できる資格です。これまでに多くの学生が資格を取得し、卒業後ドラッグストアなどで活躍しています。

日本食品安全協会(健康食品管理士)

厚生労働省(アドバイザリースタッフ)