プロスポーツトレーナーとの連携!!本学科のアスリートサポートサークル学生がオンライン指導現場に参加しました

  • イベント

 JASTはアスリートをサポートする理学療法学科のサークルです。今回、プロのスポーツトレーナーが実施する、本学女子ソフトボール部へのオンライントレーニング指導にJASTの学生が研修として参加しました。

 講師は、アメリカのメジャーリーガーのトレーナーとして活躍されていた畠山智行氏をお招きしました。内容は、「目の能力を高めるトレーニング」を中心としたものでした。JASTの学生は、オンラインを通じて選手にどのように指導していくか等、畠山氏の実際の説明やその方法を理解するように努めていました。実際の選手に対する指導現場を研修することにより、多くの学びを経験することにつながりました。
 

本学の理学療法学科では、本来の授業以外にスポーツ理学療法に携わる場をつくり、学生に経験・学びの場を幅広く提供することを意識しています
 







 今回の取り組みは、大学の規則に則り、現場参加者全員の体温検査および体調(熱発,風邪症状,味覚異常など)上の問題がないことを確認し、手指消毒,マスクの着用などの感染対策を行った上で実施しました。