子ども福祉コース2年生が実習前学習としてひまわり保育園の子ども達と交流

  • NEWS

7月14日、21日に子育て支援ルームのくじらキッズにて、子ども福祉コース2年生が、今秋からの保育所実習を前に、十分な感染対策のもと、ひまわり保育園の子ども達を相手に、実習前学習を行いました。
7月14日には3~5歳児、21日には0~2歳児のひまわり保育園の子ども達がくじらキッズに遊びに来て、学生達が子ども達と関わったり絵本の読み聞かせを実践したりしました。
秋からの保育所実習に向けて、実際に子ども達と関わることで、学生達は子どもとの関わり方や子どもと関わる楽しさを確認することが出来ました。

今後も、ひまわり保育園の子ども達と福祉総合学科の学生が交流する機会を設けていきます。

大学の校門前でお出迎え
子ども達も学生達と一緒に楽しそうに遊んでいました
この日はひまわり保育園の一時預りの子ども一緒に来てくれました
学生がひまわり保育園の子ども達に絵本の読み聞かせを行いました
絵本は、絵:マーシャ・ブラウン、訳:せた ていじ、「三びきのやぎのがらがらどん」、福音館書店
最後は、学生達がひまわり保育園まで子ども達を送りました
21日には0~2歳児の子どもと交流しました