検索
メニュー
メニュー

【子ども福祉コース】クリスマス「子ども番組動画」を制作しました!!

  • NEWS

子ども福祉コースでは,毎年,近隣の保育所や幼稚園の子どもたちを招いてクリスマス会を開催しています。保育士や幼稚園教諭を目指す子ども福祉コースの3年生は「音楽演習」「幼児造形」「幼児体育」など表現系の授業を履修しており、クリスマス会はそれらの学びの成果をみせる重要な機会となります。

今年は新型コロナ感染症予防のため、園児を招いてのクリスマス会は中止としました。
今年度のクリスマス会は、コロナ禍における動画配信の需要増加をふまえ、色々なコンテンツが集まった「子ども番組」動画を制作することになりました。

学生たちは十分な感染症対策を施した上で、グループごとに、配信という形でどのようなクリスマスのコンテンツが考えられるか、子どもたちにクリスマスを楽しんでもらうにはどうしたらよいかを考察し制作を行いました。自宅での受講生も、オンラインで制作に関わりました。

動画のテーマは「クリスマス」です。学生たちが番組のおねえさん・おにいさんとして 登場するなど、手遊び、オリジナル曲、演奏、歌、振り付け、舞台セット、小道具、衣装、進行、動画編集まで、学生たちが自ら制作しました。

≪プログラム≫
☆オープニング
☆ペープサート「ようせいたちとたのしいクイズ」
☆紙芝居「くまくんのクリスマス」
☆迷路「まいごになったトナカイくん」
☆人形劇「がっきであそぼ!」
☆歌とダンス「ププ・リリ・トトとサンタさんのひみつ」
☆エンディング

動画は、昨年度の“くじらキッズ”に参加くださった地域の親子のみなさんに楽しんでいただきました。
動画制作は初めての学生も多く、子どもたちが喜ぶ企画と動画はどういうものなのか、今回の制作を通じて子どもの目線を考える貴重な学びとなりました。