検索
メニュー
メニュー

観光ビジネス

  • 学科の特色

グローバルな観光産業の第一線で活躍してきたリーダーに学びます。

観光学部には、観光ビジネスに関する「おもてなしの心、健全な経営、CSR」などに関する幅広い学び、趣豊かな授業が満載です。個性豊かな考えと様々な将来を描きながら学習、研究に取り組み、4年後の自分の姿を想像しながら、夢を実現しましょう。

エアライン(元JAL社長 西松 遥 客員教授)、ホスピタリティ・マインド(元東急ホテルズ社長 梅原 一剛 客員教授)、ツーリズム・マーケティング(元JNTO 岡田 豊一 客員教授)の3本柱で観光産業の最前線を学びます。

観光業界に求められる人材

【幅広い知識と柔軟な思考力】西松遙客員教授(空港産業論)
観光業界においては、新たな観光商品の企画を自らが企画し、実践するためにも幅広い分野の知識が要求されます。歴史や地理はもちろんですが、政治、経済、芸術、文化、民族、宗教などの基本的な知識を身につけておく必要があります。また、実際の観光の現場では、柔軟な思考力が要求されます。観光業では「決められた通り、あるいは指示された通りに動けばよい」ということはあまりありません。想定外の事柄が頻繁におこるため、常に自らが問題解決を練り、実践することが求められます。このような応用問題に対処できる柔軟な思考力が要求となります。

【論理的思考能力とコミュニケーション能力】岡田豊一客員教授(ツーリズム・マーケティング)
ビジネスにおいては、常に新たな顧客価値の創造を迫られているため、企画提案能力のある人材が必要とされています。そのため、社会に出ると、筋道を立ててものを考える力と自らの考えを他者にわかり易く伝える表現力が求められます。さらに対人サービスが中心となる観光産業の現場では、共感能力が要求されます。共感とは他者のさまざまな感情(喜怒哀楽)を共有できることですが、ビジネスの世界では一般に“顧客目線”と表現されるものです。この顧客目線は企画提案の起点となるものだけに重要です。

ビジネス基礎能力・観光基礎能力を学びます。

さまざまな分野で活躍するための土台となる基礎コア科目(語学・コミュニケーション、メディア、リスクマネジメント) で基礎力を身につけます。

%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9.jpg

プロジェクト・卒業研究

プロジェクトの目的に沿って、観光資源の発掘・再発見、活用、ツーリズム商品等の開発、管理運営、地域効果、アクションプログラム、広報、可能性検討の理論や手法を、業界・行政との連携で学びます。

南房総地域(鴨川市、館山市、南房総市ほか)や国際的フィールドでの実務を通じて、観光商品の開発手法や問題解決能力などを身に付けます。

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF.jpg