観光まちづくり

  • 学科の特色

「住んでよし、訪れてもよし」の観光まちづくりを体験的に学びます。
観光地に立地している大学だからこそ取り組むことができる「地域」へのフィールド調査やプロジェクトを通じ、行政、地域の人々と恊働し、観光まちづくりを体験する実践教育です。

観光業界に求められる人材の育成

【観光まちづくりで求められる人材の育成】
地域おこしや観光ビジネスにおいて、人々との共感が何よりも必要です。そして、今日の結果に満足せず今日よりも明日良くなるため「どうするか」という前向きな気持ちが求められます。このような気持ちや姿勢があれば、地域おこしや観光ビジネスなどでのプロフェッショナルとしての道が拓けます。私ども教員はその道を目指す皆さんを全力にて寄り添い支えます。

【観光地で学ぶ実践力】
観光は総合的、先端的な交流文化産業です。地域資源の魅力とゲスト(観光者)とホスト(地域住民)のふれあいが来訪者に楽しさや癒しなどを与え、地域にも文化的活力や経済効果をもたらします。 千葉県でも有数の観光地を舞台に、ニューツーリズムの時代に対応した住民参画による地域ぐるみの観光まちづくり、観光地経営の基本を学び、観光振興について実践的基礎力の錬成を目指します。
 

企画・開発能力・問題解決力を養います。

さまざまなプロジェクトを企画・提案しながら、それを実行する過程を繰り返し訓練することで、仕事の現場でリーダーシップのとれる人材を育成します。
3つのアプローチ
プロジェクト
地域貢献

 

プジェクト・卒業研究

プロジェクトの目的に沿って、観光資源の発掘・再発見、活用、ツーリズム商品等の開発、管理運営、地域効果、アクションプログラム、広報、可能性検討の理論や手法を、業界・行政との連携で学びます。
プロジェクト