検索
メニュー
メニュー

観光メディア

  • 学科の特色

実際の活動を通じて、広報活動や情報受発信および表現に関わるメディアの知識やスキルを身につけます。

観光資源が豊富な観光リゾート地・鴨川で観光地の魅力を受発信する方法を身につけます。日常の中に隠れている地域の魅力を発見し、情報機器を活用してその魅力を発信します。観光地に立地している安房キャンパスでは、「日常」がフィールドワークにつながります。

観光業界に求められる人材

【観光メディアで求められる人材】
インターネット環境が発達した現代において、観光地における情報の受発信の重要性は高まっています。観光者は「タビマエ」、「タビナカ」、「タビアト」において、様々なメディアを活用し、情報の受発信を積極的におこなっています。また、技術の進歩によって「誰もが情報を発信できる時代」であることは、観光地側からの情報発信が比較的容易になったと同時に、他地域との差別化を図ることも求められます。大都市圏近郊の観光地である鴨川で、ドローンなどの新しいメディアツールを活用しながら地域の魅力を伝える方法を実践的に学びます。

企画・開発能力、問題解決力を養います。

さまざまなプロジェクトを企画・提案しながら、それを実行する過程を繰り返し訓練することで、仕事の現場でリーダーシップの とれる人材を育成します。

%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A21.jpg

プロジェクト・卒業研究

プロジェクトの目的に沿って、観光資源の発掘・再発見、活用、ツーリズム商品等の開発、管理運営、地域効果、アクションプログラム、広報、可能性検討の理論や手法を、業界・行政との連携で学びます。

南房総地域(鴨川市、館山市、南房総市ほか)や国際的フィールドでの実務を通じて、観光商品の開発手法や問題解決能力などを身に付けます。

%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF.jpg