大学院 ビジネスデザイン研究科

東京キャンパス(東京都千代田区紀尾井町)   

MBA Program in Business Design城西国際大学
ビジネスデザイン研究科 HOME
ごあいさつ
教育方針と特色
カリキュラム
社会人への配慮
募集要項
教員紹介
プロジェクト研究
学部・大学院連携
施設・研究環境
アクセス
 
 
東金キャンパス
安房キャンパス
 


PBL(Project-based Learning、Problem-based Learning)に基づく
問題解決と価値創造

ビジネスで直面する多くの新しい課題は、既存の学問体系や蓄積された知見だけでは見通せないものが多くなっています。未知の価値を発見し、仮説やモデルの探索と検証を通じて、「仮説を知識化する」デザイン科学のアプローチも不可欠です。

本研究科はPBL(Project-based Learning、Problem-based Learning)を積極的に取入れ

  • ビジネスコミュニケーションデザイン
  • ビジネスモデルデザイン
  • メディアコンテンツデザイン

の3つの分野で、地域と社会と緊密に連携して「プロジェクト研究」を展開していきます。

プロジェクト研究では、問題と価値の発見、知の探索、解決策の提示・評価・発表を通じて、問題設定・解決力、コミュニケーション力、チームワーク力、リーダーシップ、創造性、自己学習力を養います。具体的な課題(issue)に対して、どのように考え、どのように接近し、どのように取り組んでいくべきか、問題解決と価値創造のために、知をどのように統合・構造化し、マネジメントしデザインしていくべきか、を学びます。

プロジェクト研究の成果を「プロジェクト研究報告書」として提出し、学内の公開審査会で審査されます。

本研究科では、広く企業、地方自治体、NPO、病院など地域と社会の各界との協働プロジェクトを積極的に行っていきたいと考えます。ご関心のある方は、b-design@jiu.ac.jpまでお問い合わせください。


プロジェクト研究・修士論文のテーマ

学生が興味を持つ分野または仕事のテーマを「プロジェクト研究」や「修士論文」のテーマとして設定することができます。または教員が関わっている下記のプロジェクトに参加することもできます。

担当教授
指導領域、プロジェクト研究のテーマ
瓦井秀和
教授
  1. 地域コミュニティにおけるマイクロビジネス
    地域コミュニティにおける地場産業の活性化、地場農産物の販売システム、地産地消システム、ネット販売システムについての研究
  2. NPOとICT
    まちづくり系のNPOと地域におけるコミュニティの活性化インフラとしてのITを考える。インフラ、コンテンツ、人と組織作り
  3. コミュニティアーカイブ
    地域における各種有形、無形の資産のアーカイブ化とその資産を使ったコンテンツ作りにより地域PR、観光の活性化などへの結びつきを考える。
  4. 芸術文化とコミュニティ
    アートワークショップ、芸術文化による地域活性化手法、まちの景観つくりなどのタウンデザインまでを含んだ生活のなかの潤いを創り出すプロジェクトへの挑戦。
染谷芳臣
教授
  1. プロジェクトの期待キャッシュフローの予測方法
    プロジェクトの成果をどのように予測するか。
  2. 資本コストの推計の仕方
    投資評価をするための事業のハードルレートである資本コスト以下に正確に推計するか。
  3. 事業リスクの捉え方
    プロジェクトや起業に伴うリスクをどの楊に定義し、測定するか。
  4. プロジェクト評価の具体的な方法
    会計的な投資評価方法、割引キャッシュフロー法、そしてリアルオプション。
  5. 不確実性下の資本調達決定
    将来が不確実であり、様々なシナリオが想定できる状況で、投資資金をどのように調達するか。
  6. 知的資産の評価方法
    企業が生き残るためには、金融資産や実物資産への投資だけでなく、知的資産の創造が必要となっている。その場合の創造された知的資産をどう評価するかが問題となる。
卜部正夫
教授
  1. エレクトロニック・コマース(EC)
    インターネットを使った電子商取引に関する分野。
  2. カスタマーリレーションシップ・マネジメント(CRM)
    顧客との関係を強化し、企業の長期的、安定的な収益増大を可能にする仕組みを考える。データベースマーケティングやインタラクティブマーケティングといわれる分野と緊密な関係がある。
  3. サプライチェーンマネジメント(SCM)
    メーカー、卸、小売の間の情報連携により、最終顧客のニーズにもとづいて、適時、適切に商品、サービスが効率よく提供されていく仕組みを考える。
  4. ナレッジマネジメント(NM)
    現代の企業競争は、知識の蓄積や活用の競争ともいわれている。企業活動の中で従業員によって生み出される様々な知識、知恵を共有化し、活用して、よりすぐれた商品、サービスの提供、効率的なオペレーションなどを実現していく仕組みを考える。
  5. 企業間ネットワーク
    現代は、選択と手中の時代といわれる。各企業が自分の得意分野に資源を集中し、複数の企業が連携して共通の戦略を策定し、協働して高い経営成果を求めることが多くなっている。このような企業間ネットワークの効果的、効率的な仕組みを考えていく。
櫻井肇
教授
  1. 自社の広告・広報に関わる問題点の抽出と解決へのプロセス構築
    いま抱える自社のコミュニケーション作業の過不足を検証し、自社のコミュニケーション・マネジメントのシミュレーション・トレーニングで検証する。
    ※ 自社とは受講生が関わる企業を指す。
  2. 都市における屋上緑化ビジネスの考察
    地球温暖化によるヒートアイランド現象を地球とのよりよいコミュニケーション活動を活発にすることで未来とのベストコミュニケーションのあり方を模索する。
袁福之
教授
  1. 電子カルテによる地域医療連携に関する研究
    増大する医療福祉サービスの要求に対して、限られた地域資源を地域連携によって有効に活用することが必要である。そのインフラとして電子カルテの展開と運用を考察する。
  2. 地域メディアとしてのインターネット放送の可能性に関する研究
    地域内の知的資源をデジタルアーカイブし、インターネット放送を利用して伝達していくことは、地域のサステイナブルな発展には不可欠である。具体的なプロジェクトを通じて、その可能性と課題を研究する。
  3. 幕張新都心のコミュニティデザイン、ITによるまちづくりに関する研究
    幕張での産官学民の協働を通じて、コミュニティの形成、地域ブランドの確立、メディアを生かした社会教育を模索していく。
  4. 大都市の再開発に伴うコミュニティと地域ブランドの再構築
    大都市には新しい人工的なまちが急激に出現している。歴史・文化の蓄積がない人工的なまちにおいて、ITを生かしたコミュニティデザインを模索する。
  5. 電子ブック・オンデマンド出版による新しい活字文化ビジネスモデルの構築
  6. 日本語組版ソフトウェアによる印刷メディアのビジネスモデル
    印刷メディアの不振に対して、日本語組版ソフトウェアの普及を通じて、新しい展開を模索する。

シンポジューム・電子文庫パブリ開設5周年記念

次世代出版を考える
活字文化のオープンプラットホームによる出版の新しいビジネスモデル

日  時
2005年11月29日火曜日・午後
場  所
城西国際大学紀尾井町キャンパス・水田記念ホール
主  催
城西国際大学(ビジネスデザイン研究科・メディア学部・情報科学研究センター)
共  催
電子文庫出版社会(電子文庫パブリ)
後  援

コニカミノルタビジネスソリューションズ、松下電器産業、エフテル竹尾、ダイナコムウェア、株式会社ピー・アール・オー、キヤノンシステムソリューションズ株式会社

 詳しくは http://www1.jiu.ac.jp/ebook/sympo/ をご参照ください。





Page Top 


Copyright (C) 1998-2004 Josai International University. All rights reserved.