NEWS

Global Collegeグローバルカレッジ科目紹介【No.1】
Introduction to Global Management (グローバルマネジメント入門)

  「海外に留学したい」「外国の大学の授業を受けてみたい」と思ったことはありませんか?日本にいながらにして、それが体験できるのが城西国際大学のグローバルカレッジです。2015年8月にパリ大学エリック=ハーツラー教授(城西国際大学経営情報学部 特別客員教授。※フランス語読みではエルツレール教授)が、グローバルカレッジで“Introduction to Global Management”(「グローバルマネジメント入門」)を担当しました。ハーツラー教授は、パリ大学の他、世界各地の著名な大学や大学院で教えた経験を持つ有名な学者です。  ハーツラー教授の講義は英語でしたが、日本人の学生にも分かるように十分配慮されていました。講義では、教授から与えられたケーススタディを英語でグループディスカッションしたり発表したりすることが取り入れられ、何より学生が講義に参加することを重視していました。  質問大歓迎ということで、講義の合間やランチの時間は、学生と話し込む姿が見られました。講義には、留学未経験の学生の他、これから海外姉妹大学に留学する学生、留学から帰国して英語力を維持向上させたい学生、海外からの留学生などが参加し、お互いの交流を深めました。

“Introduction to Global Management”
by Prof. Eric Hertzler: Intensive Course in the Global College of JIU
By Shintaro Abe
 

 Professor Eric Hertzler from the Faculty of Economics and Management, University of Paris (Universite Paris-Est Creteil Val de Marine) taught a course “Introduction to Global Management” in the Global College of JIU from August 26th to 29th, 2015. It is a 2-credit intensive course in English. Professor Hertzler is also a visiting professor of JIU. (Global College is for students who want to study abroad in future or who have studied abroad before.) Professor Hertzler deliberately gave lectures in English so that the Japanese students could understand without much difficulty. The course consisted of a mix of lectures, readings, case studies and discussions. A strong emphasis was placed on group work and oral participation. The students experienced a course of management in English as if they were studying at a foreign university. One of the students said that it was difficult for him at first to understand a class conducted in English, but he was able to understand most of it. He could also make friends with exchange students from abroad who took the course.

<経営情報学部のグローバル教育>
 城西国際大学は、グローバル教育を推進しています。経営情報学部においても、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校への短期留学(グローバルビジネスプログラム)を初めとして、多彩な留学プログラムやグローバルカレッジ科目を設けて、学生の参加を奨励しています。

<Strategic Management
 9月はハーツラー教授担当の“Strategic Management”(「経営戦略論」)が開講されています。詳しくは【NO.2】に続きます。動画配信を予定しております。

【関連記事】
http://www.josai.jp/news/2014/20141001.html