教員紹介

教員紹介
名前(よみがな) 柳澤 健(やなぎさわ けん)
職位 教授 学科長
職歴
  • 1972年東京都立府中リハビリテーション学院 理学療法学科卒業
  • 1980年東京理科大学理学部II部物理学科卒業
  • 1982年米国Long Island大学 大学院修士課程修了(Master of Science取得)
  • 1994年昭和大学医学部解剖学教室特別研究生修了
  • 1998年東京都立保健科学大学 教授・理学療法学科長、大学院 教授(2002年)
  • 2006年首都大学東京 教授・理学療法学科長、大学院理学療法学域長
  • 2013年首都大学東京 名誉教授・客員教授
  • 2014年郡山健康科学専門学校長
  • 2015年東北福祉大学 大学院特任教授
  • 2016年城西国際大学 福祉総合学部 理学療法学科
資格、免許等 理学療法士・医学博士・日本PNF学会シニアインストラクター
社会貢献・学会活動 理学療法士・作業療法士国家試験委員(厚生労働省1995~2003年)、日本学術会議推薦人(1997~2000年)、医道審議会専門委員(厚生労働省2000~2003年)、日本理学療法士協会理事(2003~2009年)、第44回日本理学療法学術大会長(2009年)、日本PNF学会理事長(2003~2015年)、他
賞など 日本理学療法士協会賞(2004年)・厚生労働大臣賞(2005年)
専門領域 運動療法学・PNF・物理療法学
主な担当科目 リハビリテーション科学・運動学I・徒手理学療法学、他
研究テーマ ヒトの姿勢および運動の研究・PNF
著書・論文・作品発表 <著書>
理学療法ハンドブック第4版 第1~第4巻共編著(2012)協同医書出版、理学療法学ゴールドマスターテキスト1~7巻・編(2010)メヂカルビュー社、他 約50冊
<論文>
Comparison of the directional after-effects of static contractions in different positions of the upper extremity and different strengths of pinch force on the improvement of maximal active range of motion of the wrist joint in normal subjects: PNF Research 14, 11-19, 共著2014. 他 約250論文
<学会発表>
The effects of a static contraction of pelvic posterior depressors on brain activities induced by an MRI in normal volunteers, 8th ISPRM, Cancun, Mexico, 共著、2014. 他 約270件
学生へのメッセージ 4年間、勉学・部活を楽しんでください!
名前(よみがな) 池田 誠(いけだ まこと)
職位 教授
職歴
  • 1972年東京都立府中リハビリテーション学院 理学療法学科卒業
  • 1981年東洋大学 社会学部社会学科(II部)卒業
  • 1983年東洋大学大学院 社会学研究科社会福祉学専攻 博士前期課程修了
  • 1997年昭和大学 医学部衛生学教室 特別研究生修了
  • 1998年東京都立保健科学大学 理学療法学科教授
  • 2002年東京都立保健科学大学大学院 保健科学研究科教授
  • 2006年首都大学東京 理学療法学科教授、同大学院教授、学科長・学域長(2013年)
  • 2015年首都大学東京 名誉教授・客員教授
  • 2016年城西国際大学 福祉総合学部 理学療法学科
資格、免許等 理学療法士・医学博士・介護支援専門員
社会貢献・学会活動 高齢者のすまいづくりシステム研究委員会委員(住宅総合研究財団、1991~1999年)、福祉関連機器の標準化に関する調査研究会委員(日本リハビリテーション医学会、1992年)、生活環境支援系理学療法研究会委員(日本理学療法士協会、1998~2005年)、他
賞など 東洋大学学術研究奨励賞(1983年)
専門領域 地域理学療法学、生活環境学、リハビリテーション科学
主な担当科目 理学療法学概論・リハビリテーション概論・地域理学療法学、他
研究テーマ 地域理学療法、地域リハビリテーション
著書・論文・作品発表 <著書>
理学療法ハンドブック(改定4第4版、協同医書出版、2012)、運動療法学(改定第2版、金原出版、2011)、理学療法士イエローノート専門編(メジカルビュー社、2011)、地域理学療法学(メジカルビュー社、2009)、日本のハウスアダプテーション(住宅総合研究財団、1993)、他
<論文>
脳卒中重度片麻痺患者の歩行可否に関与する因子の検討―長下肢装具を処方された患者を対象に―(共著、日本義肢装具学会誌31、2015)、多様な外乱刺激を加えた歩行練習が運動機能に与える影響(共著、日本保健科学学会誌、Vol.8、No3、不整地における高齢者の閉眼片足立ち姿勢と重心動揺(単著、東京保健科学学会誌Vol.1、No.1)他
<学会発表>
IT機器を利用した在宅パーキンソン病患者の継続的運動指導(第49回リハビリテーション医学会学術集会、VOL49 SUPPLEMENT 2012)、在宅脊髄小脳変性症の介護保険制度のリハビリ関連サービスの利用状況、効果、満足度(第65回日本公衆衛生学会総会抄録集、Vol.53 Supplement No.10 2006)、他
学生へのメッセージ 恵まれた環境を十分に活用して「いますべき事」を見つけながら青春を謳歌してください!
名前(よみがな) 花岡 正明(はなおか まさあき)
職位 教授
職歴
  • 1975年名古屋工業大学 工学部 経営工学科卒業
  • 1994年キッセイコムテック株式会社 システム開発部長、ソフトメディア技術研究所長(1998年)、取締役(2004年)
  • 2001年信州大学 医療技術短期大学部 理学療法学科 非常勤講師
  • 2002年山梨大学大学院 工学研究科 社会・情報システム工学専攻 博士後期課程修了
  • 2003年キッセイウェルコム株式会社 常務取締役
  • 2006年キッセイ薬品工業株式会社 経営企画本部 システム企画部長
  • 2013年郡山健康科学専門学校 総合情報処理センター長
  • 2016年城西国際大学 福祉総合学部 理学療法学科
資格、免許等 工学博士・第一種情報処理技術者
社会貢献・学会活動 日本福祉工学会評議員(2006年~現在)、編集委員(2006~2010年)、日本生体応用計測研究会編集委員(2013~2016年)、特定非営利活動法人 熟年体育大学リサーチセンター副理事長(2013年~現在)、通信放送機構 高齢者・障害者向け通信・放送サービス充実研究開発事業「エージェント技術を用いた在宅高齢者・介護者支援通信システムの研究開発」主任研究者(1997~1999年)、経済産業省商務情報政策局 電源地域活性化先導モデル事業(健康サービス事業)「松本市熟年体育大学を拡大発展させたヘルスケアマネジメント型サービス事業の推進(熟年体育大学リサーチコンソーシアム(JTRC))」プロジェクトリーダー(2005年)、他
賞など 日本バーチャルリアリティ学会 サイバースペースと仮想都市研究会「サイバースペース研究賞」(2003年)
専門領域 生体信号処理、健康・福祉工学、医療統計学、機械学習
主な担当科目 生体信号解析学、理学療法機器技術学、医療統計学、リハビリテーション工学、福祉と健康増進、他
研究テーマ 筋電図・脳波を中心とした生体信号の解析法に関する研究
著書・論文・作品発表 <著書>
「健康長寿と運動」共著(2006)財団法人長寿科学振興財団、「表面筋電図と筋音図を学ぶ人のために」共編著(2016出版予定)医歯薬出版
<論文>
生体信号処理における表面筋電図の時間領域と周波数領域の解析:生体応用計測6,5-15、単著 2015、表面筋電図解析のための連続ウェーブレット変換方法:生体応用計測5,29-37、共著 2014、他38論文
<報告書>
若年時代からの予防・健康増進を支援する携帯型運動量連続測定装置と遠隔型個別運動処方システムの開発:厚生労働省科学研究費補助金 長寿科学総合研究事業 中高年健康増進のためのITによる地域連携型運動処方システムの構築 平成17年度研究報告書、53-58、単著(2006)、他10報告書
<学会発表>
生体信号データの解析について -基本から応用-、第9回日本生体応用計測研究会 教育講演、2014、遠隔指導システムを用いた健康ビジネスの実践例~科学的根拠に基づくインターバル速歩指導~、日本VR学会サイバースペースと仮想都市研究会 第11回シンポジウム、2008、他27件
<特許>
計測装置およびその測定結果表示法(2003)、他5件
学生へのメッセージ 本学の素晴らしい環境で存分に学生生活を楽しみ、そして本分の勉学に励んで下さい。ここでしか得られない体験や仲間が待っています。
名前(よみがな) 諸角 一記(もろずみ かずのり)
職位 教授
職歴
  • 1976年高知リハビリテーション学院卒業
  • 1976年東京都養育院付属病院主事
  • 1979年早稲田鍼灸専修学校卒業
  • 1982年大東医学技術専門学校卒業
  • 1989年医療法人倭林会武蔵野台病院
  • 1995年八王子保健生活協同組合城山病院理学療法科長
  • 2004年信州大学大学院工学系研究科生物機能工学専攻博士後期課程修了
  • 2009年郡山健康科学専門学校応用理学療法学科長
  • 2016年城西国際大学 福祉総合学部 理学療法学科
資格、免許等 理学療法士・博士(学術)・はり師・きゅう師・柔道整復師・専門理学療法士(基礎)
社会貢献・学会活動 武蔵野市事業 介護予防を目的とした介入研究 研究班員(2002-2005年)、西多摩リハビリテーション研修会会長(2003年~2007年)、日米共同(アクセラレーテッドケアプラス社、ブリガムヤング大学)の身体計測総合評価システムの開発プロジェクト参加(2006~2010年)、西多摩リハビリテーション研修会顧問(2007~現在)、他
専門領域 骨・関節系理学療法学、中枢神経系理学療法学、老年期理学療法学、理学療法評価学
主な担当科目 骨・関節系理学療法学、卒業研究、運動学実習、理学療法海外研修、他
研究テーマ 理学療法総合評価システムの開発,高齢者における身体機能の評価指標と評価方法の検討および高齢者介護予防プログラムの開発
著書・論文・作品発表 <著書>
理学療法のとらえかたClinical Reasoning Part3、膝関節痛予防・軽減のための運動学習支援マニュアル、運動療法学 改訂第2版、PT臨床実習ルートマップ、他
<論文>
Quantitative and Qualitative Evaluation of Knee Electromyograms by a Bluetooth-communication Gait Analyzer: Integration and Power Spectral Analysis of Surface Electromyograms:J.Phys.Ther.Sci.、22: 259-265 共著 2010、他45論文
<学会発表>
組織硬度計を用いた痙縮筋検査における被験者間比較の検討ー大腿部筋硬度の左右差・左右比における検討ー、第50回日本理学療法学術大会、東京、共著、2015、他98件
学生へのメッセージ 我が国における高齢化は急速に進行し、また、社会のグローバル化も進んでおり、理学療法領域の拡大は止まるところを知りません。これらについて皆さんと学び、広く社会貢献できることを目指しましょう。
名前(よみがな) 烏野 大(からすの ひろし)
職位 教授
職歴
  • 1987年国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院 理学療法学科卒業
  • 1987年埼玉医科大学附属病院リハビリテーション科
  • 1990年武蔵野台病院 リハビリテーション室
  • 1996年電気通信大学電子情報学科卒業
  • 1997年医療法人一晃会小林病院 リハビリテーション科
  • 1998年電気通信大学大学院電子情報学専攻修了
  • 2000年居宅介護支援事業所介護支援こばやし管理者,訪問看護ステーション青い鳥
  • 2002年伊藤超短波株式会社学術部 主任
  • 2003年昭和大学第一解剖学教室研究生(~2006年)
  • 2006年信州大学大学院工学系研究科生物機能工学専攻修了
  • 2007年郡山健康科学専門学校理学療法学科
  • 2016年城西国際大学 福祉総合学部 理学療法学科
資格、免許等 理学療法士・工学博士・専門理学療法士(基礎)・専門理学療法士(物理療法)・介護支援専門員
社会貢献・学会活動 日本理学療法士協会会員(1986~現在)、理学療法学査読委員(2008~現在)、理学療法学編集委員(2011~2013年)、日本物理療法学会会員(1996年~現在)、日本物理療法学会評議委員(2012年~現在)、物理療法科学編集委員長(2011年~現在)、日本生体応用計測研究会会員・評議員(2006~2016年)、日本体力医学会会員(2009年~現在)、生体応用計測編集委員長(2010~2011年)
専門領域 物理療法学・生体工学・バイオメカニクス
主な担当科目 物理療法学、理学療法研究法、他
研究テーマ 物理療法およびバイオメカニクスの研究
著書・論文・作品発表 <著書>
物理療法臨床診断ガイドブック共著(2007)文光堂、理学療法テキストシリーズ 物理療法学テキスト共著(2008,2012)南江堂、理学療法テキストシリーズ 理学療法評価学テキスト共著(2010,2012)南江堂、理学療法テキストシリーズ 物理療法学テキスト改訂第2版共著(2013)南江堂、物理療法学テキスト編(2016)医歯薬出版
<論文>
The combined effects of transcutaneous electrical nerve stimulation and stretching on muscle hardness and pressure pain threshold. J Phys Sci 28 (4); 1124-1130、2016、他75論文
<学会発表>
経皮的神経電気刺激(TENS)とストレッチングの併用効果(2014)、超音波照射が軟部組織硬度と血液循環動態に与える影響(2014)、他82件
学生へのメッセージ 将来,様々な場面で活躍できる理学療法士になるために充実した時間を過ごしてください。皆さんが4年後に理学療法士の扉を開けられるように全力でサポートします。
名前(よみがな) 石田 路子(いしだ みちこ)
職位 教授
職歴 奈良女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了、愛知みずほ大学、愛知学泉大学、宇部フロンティア大学を経て2007年より城西国際大学
資格、免許等 社会科学博士・小学校教諭1級免許・中学校教諭1級免許・高等学校教諭2級免許
専門領域 地域包括ケアシステム論、コミュニティ医療福祉システム研究
主な担当科目 社会の理解(社会福祉概論)、医療福祉(地域医療福祉論)、福祉医療ケアシステム論、福祉社会政策論(大学院)、福祉社会研究(大学院)、他
研究テーマ 地域社会における福祉と医療の一体的連携(地域還元型医療福祉システム)の構築およびシステム運営に関わる専門職の養成プログラム開発
著書・論文・作品発表 「日本における外国人介護労働者に関する政策と今後の方向性」(城西国際大学紀要、2016)、「自治体における地域包括ケアシステムの構築-「自助」・「互助」に関する位置づけと今後の方向性-」(城西国際大学福祉紀要、2015)、「東アジアの人口高齢化にともなう課題と対策-日本における高齢者ケアの先行事例から-」(ファイザーヘルスリサーチ振興財団研究助成、2014)、「国際高齢者ケア基準と専門職養成プログラムの検討-中国における高齢者介護サービスの現状と課題から-」(ファイザーヘルスリサーチ振興財団研究助成、2013)、『国際高齢者ケア』(城西国際大学、2012)、『地域福祉の理論と実践(2版)』(久美出版、2012年)、『社会調査の基礎(2版)』(久美出版、2012年)、『地域福祉の理論と実践』(久美出版、2009年)、『社会調査の基礎』(久美出版、2009年)、『在宅医療福祉システム』(文源庫出版会、2008年)、『在宅医療ソーシャルワーク』(勁草書房、2007年)、『介護のしくみ』(日本実業出版社、2007年)、『ピ-プルズ セキュリティ』(ふくろう出版、2005年)、『医療ソーシャルワーカー新時代』(勁草書房、2005年)、『地域福祉分析論』(学文社、2004年)、『生活の経営と福祉』(朝倉書房、2003年)「住民主体による地域社会の生活安全保障システムの構築-住民自治の地域コミュニティづくりと医療・保健・福祉サービスの連携-」(博士論文)
学生へのメッセージ 皆さんとの出会いを大切にしたいと思っています。4年間の大学生活を思いっきり楽しむため、頭で考え、体で受け止め、心で感じるという多彩な学びの方法を一緒に探っていきましょう!
名前(よみがな) 増子 勝義(ますこ かつよし)
職位 教授
職歴
  • 1987年早稲田大学文学研究科社会学専攻博士後期課程満期退学
  • 1991年社団法人福祉社会研究所主任研究員
  • 1995年城西大学国際文化研究センター研究員
  • 1996年城西国際大学人文学部専任講師
  • 2000年城西国際大学人文学部助教授
  • 2004年城西国際大学福祉総合学部教授
  • 2006年城西国際大学観光学部教授
  • 2010年城西国際大学大学院福祉総合学研究科長(~2016年)
  • 2013年城西国際大学福祉総合学部教授(現在に至る)
  • 2016年城西国際大学福祉総合学部 理学療法学科
社会貢献・学会活動 早大社会学会、日本社会学会会員、日本福祉文化学会(2000~2009年、2005年~2009年編集委員)鴨川市「安心生活創造事業」アドヴァイザー(2009年4月~2011年3月)、鴨川市地域福祉推進委員(2012年4月~2016年3月)
専門領域 福祉社会学、家族社会学
主な担当科目 福祉文化論、福祉まちづくり論、現代社会と福祉、社会学、セミナールI・II(以下大学院)、福祉社会演習、福祉社会基礎論I(福祉社会原論)、社会福祉基礎論II(福祉社会研究法)、他
研究テーマ 高齢社会の国際比較、がん患者家族の研究、知的障がい児・者のライフコース
著書・論文・作品発表 <著書>
「世界の社会福祉年鑑 2003~2006、2008、2010」(共著 オーストラリア担当)旬報社(2003,2004,2005,2006,2008,2010年)、
「福祉文化の創造」(単著)北樹出版(2006年)、「21世紀の家族さがし」(編著)学文社(2010年)、他
<論文>
「オーストラリアの高齢者福祉」『城西国際大学紀要第6巻第2号』1998年、「ユニバーサルツーリズム実現のために」『城西国際大学紀要第18巻6号』2010年、他
学生へのメッセージ 人生を鼓動数でいうと30~40億回のことにすぎません。一瞬一瞬を大切に学ぶことにより、学生のみなさんそれぞれの社会観、福祉観、ライフコース観が確立されるようお手伝いしたいと思います。
名前(よみがな) 原田 恭宏(はらだ やすひろ)
職位 助教
職歴
  • 1988年行岡医学技術専門学校卒業
  • 1988年安永病院
  • 1990年誠愛リハビリテーション病院
  • 1995年小文字病院 リハビリテーション科科長
  • 1999年新行橋在宅介護センター センター長
  • 2004年八千代リハビリテーション学院 専任教員 教務主任
  • 2005年放送大学教養学部卒業
  • 2009年放送大学大学院文化科学研究科修士課程修了
  • 2010年東京医療学院 専任教員 副学科長
  • 2015年城西国際大学 福祉総合学部 福祉総合学科 准教授
  • 2016年城西国際大学 福祉総合学部 理学療法学科
資格、免許等 理学療法士・学術修士・日本PNF学会上級インストラクター・介護支援専門員
社会貢献・学会活動 日本PNF学会理事(1994年~現在)、動的モビライゼーション学会理事(2010年~現在)
専門領域 中枢神経系理学療法学、徒手治療学、PNF、脳神経科学
主な担当科目 理学療法評価学I・理学療法評価学実習I・理学療法評価学II・理学療法評価学実習II・運動学実習・日常生活活動学実習・骨・関節系理学療法学実習
研究テーマ 複合運動が脳活動に及ぼす影響、PNF
著書・論文・作品発表 <著書>
PNFマニュアル改訂第3版 共著(2011)南江堂
<論文>
下部体幹筋群の静止性収縮が整形外科疾患患者の股関節伸展自動関節可動域に及ぼす効果の検証:PNFリサーチVol.15、33-38、共著2015、一側肩甲骨に対する抵抗運動が同側ヒラメ筋H波に及ぼす影響:PNFリサーチVol.15、54-60、共著2015、上肢の抵抗運動による静止性収縮促通の膝関節伸展自動可動域の遠隔刺激後の効果:PNFリサーチVol.13、30-37、共著2013、他12論文
<学会発表>
臨床能力向上に向けた学内教育の検討第2報:第47回日本理学療法学術大会、理学療法学39、pGe0073、共同、2012、客観的臨床能力試験におけるコミュニケーション能力と臨床実習:第46回日本理学療法学術大会、理学療法学38、pOS3-079、共同、2011、他4件
学生へのメッセージ 大学での学びと経験を通して皆さんの個性をいかした理学療法士になってください。いろんな人と出会い語らい大学の特長をいかして国際感覚を身につけ、またいち早く自分の学習方法を見つけて大いに勉強しましょう。困ったことがあったら何でも相談してください。
名前(よみがな) 大杉 紘徳(おおすぎ ひろのり) 
職位 助教
職歴
  • 2008年聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部理学療法学専攻卒業
  • 2010年聖隷クリストファー大学大学院リハビリテーション科学研究科修士課程修了(修士(リハビリテーション科学)取得)
  • 2013年聖隷クリストファー大学大学院保健科学研究科博士後期課程修了
  • 2013年京都橘大学健康科学部理学療法学科 助手
  • 2014年京都橘大学健康科学部理学療法学科 助教
  • 2016年城西国際大学福祉総合学部理学療法学科
資格、免許等 理学療法士・博士(リハビリテーション科学)
社会貢献・学会活動 浜松リハビリテーション研究会理事(2013年~2014年)、日本早期認知症学会学術誌編集委員会(2013年~)、日本健康支援学会事務局 庶務・経理担当(2014年~)、他
賞など 第3回日本ヘルスプロモーション理学療法学会学術大会学会長賞(2013年)、The 8th international congress on vascular dementia & The first cognitive impairment European meeting Best Poster(2013年)、日本早期認知症学会第15回学術大会若手奨励賞(2014年)、平成26年度保健医療学雑誌優秀論文賞(2014年)、他
専門領域 運動療法学
主な担当科目 理学療法評価学実習・運動療法学実習・理学療法学セミナー、他
研究テーマ 認知機能とリハビリテーション、高齢者の健康支援
著書・論文・作品発表 <論文>
健常成人の後方歩行の特徴: 理学療法科学 22, 199-203, 2007,Differences in dual-task performance and prefrontal cortex activation between younger and older adults: BMC Neuroscience 14, 10, 2013,30秒椅子立ち上がりテストには注意機能が関連する: 健康支援 16, 1-6, 2014,実習形態の違いによる学生の気分・感情状態に関わる要因の検討-学生へのアンケート調査からの考察-: 理学療法科学 30, 925-928, 2015,他
<学会発表>
Physical activity affects cognitive function in view of prefrontal cortex activation, 8th ICVD, Athens, Greece, 2013. Relationship between blood pressure and cognitive function in community-dwelling elderly individuals a cross-sectional study, 7th VAS-COG World, Tokyo, Japan, 2015,他
学生へのメッセージ 大学での4年間は新しい出会い、新しい学びにあふれています。ひとつひとつの経験を大切にして、実りある大学生活を送ってください。