検索
メニュー
メニュー

日中共同教育プログラムのオンライン説明会を実施

  • 国際教育センター

プログラムについて説明する(左から)袁福之学長補佐、倉林眞砂斗副学長、宮偉副所長

 中国にある本学の協定校を対象とした「日中共同教育プログラム」のオンライン説明会を4月16日に実施しました。このプログラムは、協定校と共通の教育目標とカリキュラムを設定し、2年間にわたり共同運営するもので、今年度で3回目となります。

 当日は、倉林眞砂斗副学長、袁福之学長補佐、国際教育センターの宮偉副所長が本学千葉東金キャンパスで説明会に臨みました。宮副所長は各学部の特長や出願資格など具体的に紹介するとともに、本学入学後の宿舎や奨学金についても説明しました。さらに入学後のイメージが沸きやすいように、在学生のインタビューを織り込んだ大学案内動画を流しました。

 協定校の43大学に説明会の案内を行い、保護者を含む130名が自宅や所属大学から視聴しました。「キャンパス周辺はどのような環境なのか?」「大学における感染対策はどうなっているのか?」など、質問も相次ぎ、予定時間を過ぎる盛況ぶりとなりました。

 終了後も、出願に関する問い合わせが数多く届き、本プログラムへの関心の高さが伺えました。