検索
メニュー
メニュー

梨花女子大学校 オンライン留学体験記

  • 留学便り(韓国)

韓国の梨花女子大学校のオンライン留学プログラムを利用した国際文化学科3年の堀越さんに、オンライン留学について、体験談を寄せていただきました。

1.オンライン留学で履修した科目、授業内容、難易度等について

 「韓国語Ⅲ(한국어Ⅲ)」と「外国語としての韓国語学(외국어로서의한국어학)」という2つの授業を受講しました。どちらも留学生が受講できる授業だったので、クラスにはアジア、ヨーロッパ、アメリカなど様々な国からの留学生がいました。その中に私と同じ日本人も数名いたので安心でした。

 「韓国語Ⅲ」という授業では中級レベルの韓国語の文法、語彙、表現などを学びました。(初回の授業時にレベルチェックテストを受け、自分のレベルに合ったクラスを選択しました。)この授業は文法、聞き取り、会話練習、作文というサイクルで進められ、4技能をまんべんなく学習できました。クラスメートと会話する時間が多くあり、特に会話力を高めたいと思っていた私にとってとても役立つ授業でした。

 「外国語としての韓国語学」という授業は言語学の視点から韓国語を学ぶ、専門的な授業でした。JIUでは日本語学を学んでいたので、日本語と韓国語を比較し、似ている部分や異なる部分などを知ることができてとても面白かったです。専門用語がたくさん出てきたので少し難しかったですが、先生がとても丁寧に教えてくださり、理解しやすい授業でした。

 

2.オンライン授業を1学期間受けて、学んだこと、良かったこと、難しかったこと

 日本から韓国の大学の授業を受ける「オンライン留学」という未知の経験に、最初は戸惑いや不安がありましたが、私と同じように日本から授業を受けている友達と励まし合いながら1学期間を乗り越えました。パソコンの小さな画面を通してでも、いろいろな国からの留学生と話すことができ、また韓国語もしっかり学ぶことができ、とても充実していたのではないかと思います。

 

3.後半(秋学期)に向けての抱負、目標など

 春学期はスピーキング能力の向上を目標に励んできましたが、秋学期はライティング能力の向上を目指していきたいと考えています。また、韓国語学の授業を通して、言語学により興味を持ったので、言語学をより深く学べる授業をさらに受講し、知識を深めたいと思っています。

 やはりオンライン留学ということでクラスメートと話す時間が限られていたり、実際に対面して話すことができなかったりと、不自由さと悔しさを感じることがたくさんありました。春学期は、友達を作ることが難しかったのですが、秋学期は友達を作れるように頑張りたいと思っています。

 

4.最後に

 初めは、オンライン留学はあまり楽しめないだろうと考えていました。しかし、実際に経験してみると、生活環境を大きく変えることなく時間も有効に活用し、楽しく勉強できたのでオンライン留学をしてとても良かったと思っています。このようなコロナ禍だからこその貴重な経験ができ、また多くのことを学べました。残り数か月ですが、引き続き頑張りたいと思います。