検索
メニュー
メニュー

Long-term program abroad online

  • From the Dean's Office


A large number of students have chosen to complete their study-abroad programs online. Their first choice was certainly to fly to the country of their choice, live in a dormitory or with a local host family, but, unfortunately, with the pandemic this was not possible and some of them opted for the online program. 

Luiggi Issao Fujioka is one of these students, and he started his semester-long program at Petra Christian University in Indonesia on August 9. He joined their English Department and is now taking courses such as Public Speaking; Intercultural Communication; Marketing Communication; and Language, Branding and Contemporary Marketing from Monday to Friday. 

According to him, “the level of English of all students is quite high and the focus on the classes is to help students develop their critical thinking skills. The faculty members are very supportive and my classmates also check on me to make sure I am doing okay. Thanks to them, my level of motivation keeps going up.” The classes in Indonesia start at 7:30, but because of the time difference, Fujioka-san starts his first class at 9:30. That’s the exact time our first period starts here at JIU. 

He joined the J-Tokutai program in the Faculty of International Humanities and I’m very glad he chose to have this wonderful experience with Indonesian classmates. We have students who are starting their online programs in other countries such as Korea, China and Canada soon. I will keep you posted. 
 

オンラインを活用した長期留学プログラム


城西国際大学国際人文学部では、多くの学生が、オンラインを活用した留学プログラムに参加しています。もちろん初めは、学生がそれぞれ自分で選んだ国に実際に渡航して、寮やホームステイ先に滞在しながら学んでいくことを目指していましたが、残念ながらコロナウィルスの感染拡大によって現時点ではそれは実現できない状況になっています。そこで、留学予定だった学生の何人かはオンラインでの留学を選択ました。

フジオカ ルイジ イサオ君はその一人です。彼は、インドネシアのペトラ・クリスチャン大学での、一学期を丸々使ったプログラムを、この8月9日にスタートしました。同大学の英語学科で、現在は月曜日から金曜日まで毎日、「Public Speaking」や「 Intercultural Communication」、「 Marketing Communication」 「Language, Branding and Contemporary Marketing」といった多彩な科目を履修しています。

彼に話を訊いたところ「参加している学生の英語のレベルはとても高く、授業では学生がクリティカルシンキングの能力を向上させていけることに主眼が置かれています。先生方はとても親身になってサポートしてくれますし、クラスメイトもみな、私がきちんとこなせているかチェックしてくれます。おかげで、授業へのモチベーションもどんどん高くなっています」と話してくれました。授業は、インドネシア時間の朝7時半に始まりますが、時差のためフジオカさんにとっては1時間目の開始は9時半になります。JIUでの授業開始時間とまったく変わりません。

彼は国際人文学部でJ特待プログラムに参加しています。彼が今回インドネシアのクラスメイトたちとこのような素晴らしい体験をすることを選択してくれたことを、大変喜ばしく思います。国際人文学部には、他にも韓国や中国、カナダなどでオンライン留学プログラムに参加している学生が多くいます。それについてもまた報告したいと思います。