フィールドスタディ:宮城県気仙沼に体験型観光を視察 | Field Study to Kesennuma, Miyagi Prefecture for Experiential Tourism

  • 国際アドミニストレーション研究科
 

気仙沼を訪れた黒澤ゼミの学生たち
Prof. Kurosawa's Students visiting Kesennuma. 
 
 

黒澤ゼミ(黒澤武邦准教授)の大学院生6名が、2021年12月25日26日に気仙沼仕事創出プロジェクト(茂木正光代表)の支援を受けて、現地の体験型観光の視察に参加しました。

牡蠣クルーズ及び魚市場の競りの見学など、現場での取り組みを実際に見て、観光及び漁業関係者の話を聞いてきました。示唆に富むフィールドスタディとなりました。地方に行ったことのない留学生にとっても貴重な経験となりました。視察の成果を、観光x漁業xSDGsをテーマに今後のゼミ活動に活かしていきたいと考えます。

また、その模様は12月30日の地元紙の三陸新報に掲載されました。関係者の方々に感謝申し上げます。

 


(左)牡蠣クルーズの様子 (右)魚市場の競りに熱心に聞き入る学生たち
(Left) Oyster Cruise  (Right) Graduate Students Listening to Fish Market Auctions
 


On December 25 and 26, 2021, six graduate students from Prof. Kurosawa’s laboratory participated in a field study to Kesennuma for experiential tourism with the support of Kesennuma Job Creation Project (Representative: Mr. Masamitsu Motegi).

The field study included an oyster cruise and a visit to a fish market auction. The students listened to people involved in tourism and fishery. It was not only thought-provoking, but also a valuable experience for international students who have never been to local areas. We would like to use the outcomes of the field study in our future seminar activities under the theme of tourism x fishery x SDGs.

Our field trip was also reported in the local newspaper, Sanriku Shimpo, on December 30. We would like to thank all the people involved.