検索
メニュー
メニュー

各種申請

  • 留学生向け情報

申請関連

2019年度授業料減免申請の受付を開始しました

申請要項をよく確認し、申請してください。
申請締め切り:2019年2月4日(月)

在留期間更新・資格外活動許可申請取次について

在留期間更新や資格外活動許可(アルバイト)の許可申請をする学生は、本年度の申請期間をよく確認して申込をして下さい。

資格外活動許可書(アルバイト)

資格外活動許可書は必ず大学を通して申請して下さい。申請書は東金キャンパス留学生センターに取りに来て申請手続きをして下さい。
【資格外許可申請に必要な書類】

(1)パスポート(原本)
(2)在留カード(原本)
(3)申請書(各キャンパスにて配布)
(4)官製はがき(郵便局、コンビニエンスストアで購入し、氏名・現住所を記入すること)

在留期間更新(ビザ更新)

【在留期間更新許可申請に必要な書類】
ビザ更新に必要な書類は東金キャンパス:C2棟1階留学生センター、紀尾井町キャンパス:4号棟2階国際教育センター、安房キャンパス:事務室に取りに来て下さい。

帰国・海外渡航する留学生のみなさんへ~「帰国・渡航届け」提出のお願い

母国へ帰国、または海外に渡航する留学生のみなさんは、必ず「帰国・渡航届け」を提出してください。「帰国・渡航届け」はC2棟1階・留学生センター事務室で配布しています。また、下記リンクからダウンロードすることもできます。大学へ直接来なくても、FAXでも受け付けております。

FAX: 0475-55-8824

アルバイト先を届け出てください

資格外活動許可を持っている留学生で、資格外活動先(アルバイト先)を大学に届け出ていない留学生は、必ず【アルバイト先届け出書】を留学生センターに提出してください。【アルバイト先届け出書】は、東金キャンパス・留学生センター(C2棟1階)にて配布しているものを受け取るか、下記からダウンロードしてください。

なお、紀尾井町キャンパスと安房キャンパスの留学生は、ダウンロードした用紙に記入した後、それぞれの事務室(紀尾井町キャンパス:2階教学事務室、安房キャンパス:観光学部事務室)へ提出してください。

留学生住宅総合補償制度について

本学は、財団法人日本国際教育支援協会の「留学生住宅総合補償」制度の協力校として正式に加入しました。当該制度は、本学に在籍する留学生が民間アパート等への入居に際して、保証人が必要な場合、それに代わってその責務を履行するものです。しかしながら、又貸しや契約者以外の者の入居といったトラブルを事前に防ぐために、制度利用規定(別紙)を設け、これに同意すること、かつゼミ指導教員またはアドバイザー教員の推薦を受けた者に限り、制度利用を認めることとします。
財団法人日本国際教育支援協会の「留学生住宅総合補償」制度の詳細はここをクリックしてください。

【重要】
本大学で利用している住宅補償制度は、2人以上で同じ部屋を借りる場合は利用できません。
家賃の支払いのトラブル、友人同士の部屋の貸し借りなどを防ぐための措置ですので、ご理解ください。

在留期間更新に伴う経費支弁書のダウンロードについて

母国に帰国している場合など、経費支弁書が緊急に必要な学生は、以下のリンクから経費支弁書をダウンロードして下さい。

尚、在留期間の更新には大学側で作成する書類もあるので、申請する前に必ず留学生センターに一度相談してください。