東京紀尾井町キャンパス【グローバル経営情報コース】

  • 選べるキャンパス

都心のビジネスエリアだからこそ感じられる、世の中の動きがある
政治経済の中心で、現在のビジネスの“リアル”を学ぶ。

『東京紀尾井町キャンパス』の【グローバル経営情報コース】では、経営学や会計学、流通・マーケティング、消費者行動分析はもちろん、企業の情報システムや情報ネットワーク、メディア情報、英語や諸外国の語学や国際ビジネス、グローバル・コミュニケーションなど、学びの楽しさを実感できる科目が豊富に開講されます。 日本の政治経済の中心地で、様々な学問をバランスよく学びながら、法律の知識も修得することで、現在のビジネスのリアルなテーマを実務家による特別講義、現地視察等多様な講義形式でタイムリーに肌感覚で体験的に学ぶことができます。

 

経営分野

都心のビジネスエリアだからこそ感じられる、世の中の動きがある
政治経済の中心で、現在のビジネスの“リアル”を学ぶ。

経営活動を継続するためには、マーケティング、組織・人的管理、物流など、多様な知識が必要とされます。本分野では、経営やマーケティングについて基礎から学び、多方面でビジネスをリードできる実践力を身に付けることを目指します。留学制度や海外ビジネス研修など国際教育プログラムを最大限に活用し、企画、提案、プレゼンテーションなど実践的なスキルを磨き、さらには、新規ビジネスの立ち上げ・継続的発展の手法についても学ぶことができます。

めざす資格 TOEIC®600点以上 リテールマーケティング(販売士)検定試験
めざす進路 メーカー、卸売業、小売業、サービス業、営業、販売、企画、物流など
 

会計分野

会計やファイナンスの専門的な知識と技術を学び、お金の流れからビジネスを読み解くスペシャリストをめざす。

お金の流れを知り、どの様に経営活動に反映させていくかを考えたとき、「世界の共通語は会計である」と言われています。その代表的な考え方が国際財務報告基準(International Financial Reporting Standards、IFRSs、IFRS)です。現在、日本に対して世界各国から早期に、国際財務報告基準の導入が求められています。本分野では、業界を問わず必要とされる会計やファイナンスの専門的なスキルを身につけます。経営的な立場から企業個々の課題を見出し、分析並びに解決する能力とグローバルに活躍できる「人財」の輩出をめざしています。

めざす資格 公認会計士、税理士、 日商簿記検定 1級・2級
めざす進路 公認会計士、税理士、コンサルティング、銀行、信用金庫、証券会社、保険会社 など
 

情報マネジメント分野

情報通信技術(ICT)やソーシャルメディアを活用し、企業などの組織の情報戦略を担うことができる実力を身につける。

ネット検索やメール、LINEやFacebookに代表されるSNSなど、情報およびコミュニケーション技術(ICT)やソーシャルメディアは社会を支え、日々の生活に欠かせないものとなっています。本分野では、ICTやソーシャルメディアを企業などの様々な組織で徹底的に活用できる能力、サービスとして提供できる能力、ICTやソーシャルメディアを活用して企業や組織の情報戦略を推進できる能力などを基礎的なところから養い、社会の様々な分野で活躍できる人材を育成します。

めざす資格 ITパスポート試験、情報セキュリティマネジメント試験基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、高度情報処理技術者など
めざす進路 企業内ICT活用スペシャリスト、ICT部門管理者、 Webサイト管理者、システムエンジニア など
 

グローバル・コミュニケーション分野

非言語コミュニケーションを含めた幅広いコミュニケーション能力を修得し、グローバル化する企業において活躍できる人材を目指す。

グローバル化する社会においては、日本語・英語を中心とする語学の修得は必須ですが、文化、慣習、宗教、立ち振る舞いなどを総合的に理解した非言語コミュニケーションを修得することも重要です。本分野では、言語とコミュニケーションを基本から学び、グローバル化する企業において活躍できる人材を目指します。在学中には積極的に長期海外留学を経験することをお勧めします。また、この分野は本学の学びの全体を包含する分野となっていることが特徴で、経営分野・会計分野・情報マネジメント分野との関わりをバランスよく学ぶことにより、幅広いコミュニケーション能力を身に付けることができます。

めざす資格 TOEIC®、第2外国語(フランス語・中国語・韓国語)の各種検定
めざす進路 メーカー、卸売業、小売業、サービス業、営業、販売、企画、物流など