検索
メニュー
メニュー

卒業生の活躍

  • 資格・進路

2018年に卒業した高橋賢成さんが、卒業製作で監督した作品「海抜」が6月9日「Nippon Connection 2019」で「 Nippon Visions Jury Awards!」を受賞しました。

「Nippon Connection」は毎年春から初夏の間、ドイツ・フランクフルトにて開催されている日本国外における最大の日本映画祭です。毎年100作品以上が上映され、幅広いジャンルの最新の日本映画を見ることのできる機会となっています。

今回「海抜」が受賞したthe 「Nippon Visions Jury Awards!」は、2010年から設けられている賞で、日本国内外の映画関係者によって構成された審査員により選出される賞です。

「海抜」は昨年の「第31回東京国際映画祭」において日本映画スプラッシュ部門にも選出されており、その作品の評価が広がり続けています。
受賞した監督の高橋賢成さん、主人公をはじめ出演者もメディア学部でアクティングを学んだ同級生で、現在4年生の在校生も参加しており、今後の活躍が期待されます。


宮本華緒(Kao Miyamoto)さんは、海外で活躍する映画やドラマのメイクアップ・アーティストを目指して入学。在学中には、本学の留学プログラムを通してUCR(カリフォルニア大学リバーサイド校)に1年間の留学、英語力を磨いて2016年メディア学部を卒業後、目標であったハリウッドに渡ってメイクアップ・アーティストの勉強を続け、プロフェッショナルとして活動をはじめました。

2018年に宮本さんが参加したアメリカ映画「Kommando 1944」という作品で「 Los Angeles Film Awards 2018」においてベストメイクアップ賞を受賞しました。映画は1944年7月、ドイツ軍の捕虜となった日系アメリカ人兵士の物語。

在学中から夢を一歩一歩実現し、今後もグローバルな舞台で更なる活躍が期待されます。

ロスアンジェルスで活躍する宮本華緒さんが紹介されたアメリカの雑誌の記事です。
http://voyagela.com/interview/meet-kao-miyamoto-makeup-artist-highland-park/?fbclid=IwAR1fVK9lMQHp84SLyfbyJhXtiHbUKnEQKLuA6FsS-gyrv1DGZCZ_woaP1oA



テレビCM、映画など映像作品の企画・演出・制作を行う日本の大手映像制作会社「株式会社AOI Pro.」で活躍する2015年卒業の宮崎彩代さん。

株式会社AOI Pro.のホームページアドレスはこちらです。
http://www.aoi-pro.com/


<卒業生 VOICE>

「就職してからの自分」
現在はプロダクションマネージャーとして、主に、TV-CMの制作やMVの制作・WEB広告動画の制作等を行なっています。企画から、撮影・編集まで。何気ない日常生活の中で、みなさんが目にしているCMやWEB広告を様々なスタッフたちと一緒になって、1から作り上げています。ハードな毎日ですが、大学生活で学んだ、コミュニケーションの大切さ、様々な人と協力して1つのものを作り上げることの大切さを十分に活かしながら、毎日楽しく撮影に挑んでいます。

「大学時代の自分」
私の大学生活は、「誰よりも充実した4年間」と言える4年間でした。もともと映像を通して人の心を動かしたいという思いからメディア学部を選び、在学中は様々な企画・撮影に取り組みました。自主映画制作団体「JIU movie project」を設立し、志高いメンバーで映画を撮影したり、映像制作サークルを立ち上げ、「JIU学生映画祭」を開催したり、仲間と協力しながら、0を1にする大変さを学びました。毎日がとても充実していて、今振り返ると1つ1つの経験が今の私の根源です。