栗原 靖
(くりはら やすし)

  • 助教
職位

助教

担当科目

身体の理解、運動学演習、基礎物理学、医療学概論、疾患別理学療法評価学実習(運動器)、他

略歴

2006年 東京都立保健科学大学保健科学部理学療法学科 卒業
2006年 医療法人社団鎮誠会季美の森整形外科
2011年 茨城県立医療大学保健医療科学研究科修士課程 修了
2012年 医療法人社団鎮誠会姫島クリニック
2012年 医療法人社団北小岩整形外科
2016年 国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科博士課程 修了
2017年 城西国際大学福祉総合学部理学療法学科 助教

学位・資格・免許

博士(保健医療学)
理学療法士
登録理学療法士
スポーツ理学療法認定理学療法士
赤十字救急法救急員
赤十字幼児安全法支援員

社会貢献・学会活動

日本人工関節学会会員(2018年~現在)、理学療法科学学会会員(2015年~現在)、臨床歩行分析研究会会員(2013年~現在)、日本臨床スポーツ医学会(2017年~現在)、他

第27回日本物理療法学会学術大会 運営局長(2019年)
千葉県理学療法士会山武長生夷隅ブロック学術担当(2019年~現在)
千葉県理学療法士会代議員(2021年~)
 

専門領域

バイオメカニクス、動作分析

研究テーマ

整形外科疾患者の動作分析、スポーツ障害予防

著書・論文・学会発表

<著書>
適切な判断を導くための整形外科徒手検査法,メジカルビュー,2020
最新理学療法学講座 物理療法学,医歯薬出版,2020,他

<論文>
Relationships between early postoperative gait biomechanical factors and patient-reported outcome measures 6 months after total knee arthroplasty. The Knee, 28, 354-361, 2021
The relationship between movement of shank while running and foot alignment factors that lead to the onset of Achilles peritendinitis
Journal of Physical Therapy Science31 (3)227-2312019
ランニング動作の足部の運動特性とランニング障害発症因子の関連性~足関節背屈制限,扁平足形状,下肢力学因子に着目して~, 日本臨床スポーツ医学会誌(2019年度優秀論文賞), 27 (1), 53-602019,

<学会発表>
人工膝関節置換術後6ヶ月の患者満足度に関連する退院時の歩行因子の検証.第50回日本人工関節学会発表,2020
歩行速度に着目した運動学的分析 下腿・足部セグメントによる検討.日本理学療法学術大会,2013
革靴着用が歩行に及ぼす影響 -運動学的・運動力学的検討.日本理学療法士学術大会,2017,他

学生へのメッセージ

大学での4年間は、きっと素晴らしい出会いが待っていると思います。共に学び、日々挑戦する気持ちもまた育んでいきましょう。全力でサポートします。