7月28日 赤十字救急法基礎講習会の開催

  • イベント

2022年7月28日に、本学経営情報学部と理学療法学科との共催で、赤十字救急法基礎講習を開催しました。本講習は日本赤十字社千葉県支部へ申込みを行い、3名の赤十字救急法指導員(本学教員1名を含む)に担当していただきました。
なお、本講習会は日本赤十字社の「新型コロナウイルスの感染防止に留意した赤十字救急法等の開催について」を遵守して行っています。

経営情報学部からは保健体育教員やスポーツ指導者を志す学生が受講し、理学療法学科からはスポーツ理学療法に興味を持つ学生が受講しました。スポーツの現場において一次救命処置は非常に重要な技能であり、修得しておくべき技能の一つとされています。理学療法の学びの中でも「救急救命法の基礎」は2020年からすべての学生が学ばなければならないことになりました。このように、救急救命法の学びは医療・スポーツの場においても非常に重要視されています。

参加した学生は、座学・実技ともに真剣に取り組んでおり、非常に充実した講習になりました。今回の経験は、スポーツ現場のみにとどまらず、普段の生活の中でも生じ得る不慮の事故に対応する能力を身につけることができたことと思います。

開催にご協力をいただいた、日本赤十字社千葉県支部の関係各位、3名の指導員に感謝申し上げます。

  
講義風景

実技1(傷病者への声掛け)

指導員実演

実技2(胸骨圧迫)

指導員実演
 
実技3(AED使用)

実技4(傷病者の保温)
 
修了証授与