7月30-31日、対面オープンキャンパス開催

  • オープンキャンパス

7月30日と31日の2日間にわたり、理学療法学科の対面オープンキャンパスを実施しました。
それぞれ多くの方にご参加をいただき、31日ついては定員を超える予約となり、説明会場を広い教室に変更して行いました。
また、31日についてはスポーツ理学療法教室「テーピングの実際」も同時開催となり、こちらもまた多くの参加をいただきました。
 

学科説明会では、教員による学科紹介、卒業生による大学生活の紹介、学生によるキャンパスツアー、個別相談会を行いました。個別相談会では、教員や在学生を問わず、入試関連や大学生活における積極的な質問をいただくことができました。
参加いただいた方のアンケート結果では、「広大なキャンパスを見学し、在学生や先生の話しを沢山聞くことができ、大学の実際の雰囲気を感じ取ることができました。とても良かったです。」など、大変好評なものとなりました。


スポーツ理学療法教室では「肩の痛み」と「足首の痛み」をテーマに、テーピングを用いた対処方法について考えました。本学教員によるテーピングの巻き方の実演後、参加者の方々には実際にテーピングを巻いてもらい、その効果を確かめてもらいました。本学科の学生もサポートに入り、スポーツ理学療法を体験できる時間を作ることができたかと思います。


暑い中での開催となったオープンキャンパスでしたが、ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

 
学内見学①
 
学内見学②
 
演習・実験室の見学
 
学科紹介
 
スポーツ理学療法教室①
 
スポーツ理学療法教室②