学科の特色

HOME > 就職サポート > 就職内定実績2014

就職内定実績

就職力の観光学部、6年連続100%を達成しました!


就職内定率


2014年度卒の観光学部第6期生の就職内定率(就職希望者・日本人学生)は、無事6年連続100%を達成いたしました。この年の観光系就職口としては、アジア一流の外資系ラグジュアリーホテル「マンダリンオリエンタル東京」、太宰治等の文豪が執筆活動を行ったといわれる老舗旅館「旅館 たにがわ」、100年以上の歴史を持つ「日本旅行」や、ANAホールディング系 LCCの「バニラ・エア」等、幅広い企業から内定をいただきました。

内定者の声

田井能 政男 さん(内定:山九株式会社)

田井能政男さん

 大学生活の中で、河上監督をはじめ先生方や先輩とコミュニケーションをとることを意識しました。それによりたくさんの価値観や考え方を学び、自分自身の中にない多種多様なことを勉強出来ました。また、就職活動において物流業を選んだのは貿易の最前線でスケールの大きい仕事ができ、自分の長所が最大限に発揮できると思ったからです。
 私は軟式野球部に所属し1年次から扇の要である捕手で試合に出させていただきました。また、2年次からは主将を務めさせていただき、人間性を成長させることができました。日ごろの練習だけではなく、地域貢献・社会貢献を目標に地域から愛されるチームを目指していました。特に水田杯少年野球大会では、大会を1から作り上げる難しさや裏方の重要性など、社会人に必要なことをたくさん勉強させていただきました。さらに、ウェルネス交流DAYでは副実行委員長を任せていただき貴重な経験をさせていただきました。社会人になっても様々なことにチャレンジし、大学生活で学んだことを活かして頑張っていきたいと思います。


宮崎 恵太 さん(内定:株式会社日本旅行)

宮崎恵太さん

 私は幼少の頃から家族旅行に行くことが多く、観光業界やホテル業界に興味を持ち始めました。観光地で実践的な授業を受けられること、留学のチャンスが多いことから城西国際大学の観光学部を選びました。在学中は、サッカーサークルの代表やオープンキャンパススタッフ、学友会など様々な活動にチャレンジしました。その中でもカナダへの留学が一番印象に残っています。留学中、多くの人は日本という国名や寿司などについては知っているものの、それ以外は何も知らないという人がほとんどでした。日本の知名度の低さに衝撃を受け、さらに多くの人たちに日本の魅力を知ってもらいたいと思い、旅行会社を志望するようになりました。
 また、3年次のインターンシップでは「株式会社日新航空サービス」というビジネストラベルを主に取り扱っている旅行会社に2週間お世話になりました。大学のゼミでもビジネストラベルについて学んでいたので、普段の生活では見えてこない旅行会社の新たな側面に出会えた気がしました。この経験により、自分の中で旅行会社のイメージが大きく変化し、実際に働くイメージが湧いてきました。
 就職活動では「株式会社日本旅行」から内定を頂く事が出来ました。200人に1人という狭き門を通り抜けられた要因は、これらの活動に一生懸命取り組み、それを自信をもって語る事が出来たからだと思っています。就職先では、是非インバウンドに関わり、日本の魅力を多くの方に伝えていきたいと思います。


直井 優樹 さん(内定:株式会社星野リゾート)

直井優樹さん

 私は、ホスピタリティを学び、私と関わるすべての人を笑顔にできる人間になりたいと考え観光学部に入学しました。
 大学生活では学友会の委員長を務め、大学の活性化とともに学生が楽しいキャンパスライフを過ごせるよう学部祭である「ウェルネス交流デイ」や「さくら祭り」、「スポーツ大会」などさまざまなイベントの企画・運営を行いました。
 また、サッカーサークルやボランティア活動を通し、社会人の方々と直接お仕事をさせていただいたこと、アルバイトでのパートナーリーダーの経験は、貴重な社会勉強になりました。さまざまな経験を通し、リーダーとして仲間を統率し、お客様に感動を提供する仕事がしたいと考え、就職活動を行いました。結果として全国で旅館の再建やリゾートホテルの運営を行っている星野リゾート・マネジメントより内定をいただくことができました。今後は、経営者側の考え方を学び、リーダーシップを活かして日本のみならず世界で戦っていけるようスキルアップに努めていきたいと思います。
 最後に大学生活で共に学んだ友人とあたたかく支えていただいた地域の方々への感謝を忘れず、新しいことに積極的にチャレンジしていきたいです。


川名 詩織 さん(内定:株式会社高砂熱学工業)

川名詩織さん

 私はこの4年間、自分自身に磨きをかけたいという思いから、さまざまな事に挑戦してきました。大学での勉学に日々真摯に取り組むことはもちろんのこと、課外活動や海外研修、インターンシップなどにも参加してきました。
 課外活動では、2年次から観光学部学友会に所属し、仲間たちと共に行事の企画・運営に携わりました。大学生になるまではこうした活動に消極的だったので、私にとってとても刺激的な経験となりました。海外研修では約1週間のハワイ研修に参加し、現地の観光や英語のコミュニケーションを学ぶ機会となり視野が広がりました。そして、3年次に参加したインターンシップでは、箱根の高級旅館「弓庵」で仲居業務を経験し、旅館ならではの接客マナーや現場での経験で多くのことを学び、さらに社会で働くことの大変さを実感しました。
 これらの活動に懸命に取り組んできた甲斐もあり、就職では株式会社高砂熱学工業から内定をいただくことができました。来年の春からは、これまでお世話になった方々への感謝の気持ちを忘れず、日々勉強に努め、社会人としての自覚と責任を持って真摯に仕事に取り組んでいきたいです。


東海林 由美子 さん(内定:株式会社紀伊國屋書店)

東海林由美子さん

 高校の修学旅行で添乗員の方がとても親切にして下さったことがきっかけで観光について興味を持ち、城西国際大学観光学部に入学しました。
 大学では入学前から韓国に留学することを目標にしていました。韓国語の試験を積極的に受験するなど、大学生活で一番力を入れたことは韓国語の勉強と言えるかもしれません。その結果、交換留学生として姉妹校の建陽大学に留学し、多くの経験を積むことが出来ました。
インターンシップでは祝い宿「寿庵」という旅館で、訪れたお客様を“おもてなしする心”を学ぶことが出来ました。
 大学生活での経験と先生方からのサポートがあり、紀伊國屋書店に内定をいただくことが出来ました。書店と聞くと一見、大学で学んできた観光学とは関係があまりないように感じるかも知れません。しかし、紀伊國屋書店ではお客様とのコミュニケーションを大切にしていて、“Keep your smile. Show your heart.”を従業員のモットーとしています。観光学部で学んだホスピタリティサービスを活かして、企業の理念でもある『美しい接客』を心がけ、お客様に心を伝えできる真心の接客、ホスピタリティ溢れる接客が出来るように頑張っていきたいと思います。

学生への就職支援

学生への就職支援

 観光学部では、1年次から開講される『キャリア形成演習』科目により社会人としての基礎力や意識付けをおこない、学生一人ひとりに自己実現の目標を持たせ、自学自習を基本とした“自主・自立型実践教育”を目指しています。
 また、学外授業である『観光実務基礎』科目では、観光地鴨川にある事業所とコラボレーションを行い、実際にお客様の前で働き、“おもてなしの実践”を行っております。
 そして、3年次にはキャリア形成の総括として就職活動の本番を想定した授業を展開し、ビジネスセンスを理解します。さらに大学独自の企業説明会&面談会なども催し、仕事を通しての自己実現を支援しています。

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME