HOMENEWS

NEWS

第2回JFAST (Japan Forum for Asian Science and Technology)―アジアの科学技術イノベーションのための交流会― 東京紀尾井校キャンパスで行いました。

 2017年12月2日、東京紀尾井町キャンパス1号棟地下ホールで第2回JFAST (Japan Forum for Asian Science and Technology)―アジアの科学技術イノベーションのための交流会― が開催されました。城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科が共催として、また学校法人城西大学JICPAS(大学院センター、イノベーションセンター)が後援としてこのイベントに参加しました。
 この交流会は、日本とアジアの国際交流がますます加速する中で、アジアという大きなくくりの中の、専門家同士、各分野の垣根を超えた交流が盛んに行われていない現状に対して、人文社会、自然科学、ビジネス等の交流を加速させ、日本からアジア諸国・地域に向けて科学技術イノベーションを発信していく事を目的とします。さらにアジアにおける日本人コミュニティ形成、連携加速、そして将来の日本の対アジア国際交流を発展させるための礎になるようなイベントとして開催されました。
 イベントは3部構成で行われ、第1部を「世界とアジアにおけるイノベーションエコシステムの発展」、第2部を「中国とシンガポールにおけるイノベーションエコシステム」、第3部を「アジアで日本の科学技術イノベーションを起こすには」のテーマで、第一線で活躍している企業や、研究者の方たちが講演を行いました。
 また、このイベントでは城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科から4名の学生がプロジェクトマネジメントの一環として、当日の運営を計画・実行しました。


page top