検索
メニュー
メニュー

学部長からのメッセージ

  • 学科の特色
201806011240_1.jpg
「サイエンスとアート、そして寄り添うハート」
城西国際大学 岩田浩子 教授(看護学部長代行)

 看護は人に寄り添い、病いからの回復や人生の終焉に向けての安楽の提供、さらに健康の保持増進に向けてその方と家族を含め支援することが求められます。そのためには実践科学としてエビデンス(サイエンス)を持ち、アートとして看護を展開し、その基盤として人に寄り添い、人の痛みや苦悩に気づくことができるハートが重要です。
 保健医療福祉についての疑問や課題を主体的に探究する科目を通して、1年生と2年生が協同した活動を展開しています。文献を探索する、地域住民や病院の医療職の方にお話を聴く、先輩から専門的な技術を学ぶなどの過程をきちんと論理的にまとめ発表する活動から、科学的根拠を基盤とした看護を実践することの意味を学んでいます。
 また、「大学で、地域で、海外で学び、成長するGlobal Nurse」を目指して、海外研修の科目を設定しています。看護の学びを拓き異文化理解から自分たちの看護をみつめることができるような看護のプログラムとなっています。
 さらに、総合大学としての強みを生かし、薬学部、福祉総合学部などと連携した教育を充実させています。
学生個々のキャリアニーズにそって教育課程を編成し、学生の主体的姿勢を育て支援する学部の姿勢は、それを経験した学生の心(ハート)をはぐくみ次の学生に絆として引き継がれていくことを期待しています。
 城西国際大学看護学部は、大きく変動する保健医療福祉の世界の中で前進できる看護職の育成に精励してまいります。