施設紹介 JIU看護学部の設備等の施設のご紹介です。

 

 

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

フレッシュマン“全員”アメリカ研修日記


 

オーストラリア研修 9月1日

 

午前はグループで発表とまとめ、午後は修了式とお別れ会がありました。

 

AM: Group presentation 1,2
PM: Farewell afternoon tea

 今日は午前中にグループごとテーマに沿ったプレゼンテーション、午後にお別れ会を行いました。6つのグループに分かれ、テーマはそれぞれ「緩和ケアと高齢者ケア」、「オーストラリアの医療制度と健康問題」、「文化と看護」、「オーストラリアの在宅緩和ケア」、「亡くなりゆく人とのコミュニケーション」、「喪失とグリーフ、グリーフケア」でした。この研修で学んだことと日本でどのように活かしたいかをグループごとにまとめ、発表しました。2週間での学びを振り返り、整理することができた有意義な時間だったと思います。先生からもお褒めの言葉をたくさん頂き、達成感がより高まりました。帰国後にこれらの学びや明らかになった課題を全員で深めていけるよう、事後学習に励みたいです。
 また、午後にはお世話になったホストファミリーや英語の先生、合同セッションに参加してくれたモナッシュ大学の学生を招き、修了式とお別れ会が行われました。一人一人に修了証書を授与していただき、学生のお礼のスピーチと感謝の気持ちをこめて歌を披露し、その後、お菓子やお料理を食べながらホストファミリーやモナッシュ大学の学生・先生方を囲んでお別れ会を行いました。この2週間は、私たちを温かく迎えて下さったファミリーの方々をはじめとし、様々な方の支えがあって成り立っていたということを改めて感じました。お別れ会に来てくださった方々に、自分たちなりの感謝の気持ちを伝えられたと思います。ティータイムでは英語で積極的に会話を楽しむ学生が多く見られ、看護だけでなく語学の学びも実感することができました。

(瀧島千尋)